Parrot Zik 2.0レビュー(の一部翻訳)

tag:


この色素敵-くらいしかコメントできない自分ですが、

世界の最先端のBluetoothヘッドフォンのアップデート版が本日より予約受付開始されたということで

そのレビュー(source: engaget)の一部を翻訳しました。

<ハード面のレビュー>

Zik 2.0は前モデルより17%軽量。この違いは、装着して明らかに実感できた。またヘッドレール部のパッドと低反発クッションが増量したことで、より快適な感触になり、安心感が増した。これでヘッドフォンの落下を心配することなく前傾、後傾姿勢がとれる。

もう一つの大きな変化は、楕円形のカップがソフトな合成皮革の素材に変わったので(前モデルは固いプラスチックだった)、見た目にもまた感触的にも温かみがある。

またノイズキャンセルマイクが4つから6つに増え、周囲の騒音を30dB削減できるようになった(前モデルは25dB)。

1つ残念なことは、タッチパッドの感度が前モデルよりも鈍っているような感じがすることだ。過去2年間使用している前モデルのZikと同じ力でスワイプしても新モデルは感知しなかったり、タップと誤認識されたりした。今までよりゆっくり、そして力を入れてスワイプしなければならなくなった。


Comments are closed.