【国際家電ショー2015】子供向けスマートベッド「SleepIQ Kids」 子どもの睡眠の質向上を目指す

tag:, , ,


昨年のCESでSleep Number社が発表した「x12」ベッドは大人向けのスマートベッド。
今年のCESではその子ども版、「SleepIQ Kids」ベッドが公表された。

眠りのサイクルをモニターし、食事、ストレス、その他の日常活動が睡眠の質に与える影響を測定する。

センサー内蔵のこのベッドは、マットレス内のデジタル信号キャプチャおよび処理技術を利用し、ユーザーの動きと圧力を測定できる。
また子どもの呼吸や心拍数を一晩中計測し、その計測データとその他の要素を合わせて
睡眠IQスコア(1~100)を算出する。値が大きいほど睡眠の質が良いことを意味する。

またダッシュボード(アンドロイドアプリまたはデスクトップPC利用)を使えば、
保護者が子どもの睡眠をモニターしたり、
子どもの様子確認が必要なときには即時に通知される。

子どもが読書したい時や鼻づまりで苦しい時には傾斜をつけることができる。
さらにベッド周りにあるライトは遠隔操作も可能。

10歳以上の子どもには、この睡眠IQを自己管理し
運動や糖分摂取量、テレビ視聴時間によって朝の目覚めがどのように影響を
うけるかを理解してもらいたいとのこと。

大人向けの「x12」ベッドとの違いは、
付属の専用アプリに搭載の「モンスター探知機」機能。

ベッドの下の方にスマートフォンあるいはタブレットを向けると、
小さいモンスターアイコンが出てきて
子どもが怖がるモンスターがいないことを教えてくれる仕組み。

このSleepIQ Kidsは今年後半に米国内に出荷予定。
価格は1,000ドル(約11万9000円)。

source: Mashable


Comments are closed.