針が苦手な人に朗報 血糖値を測定するタトゥー

tag:


糖尿病患者にとっては血液には重要な情報が詰まっており、
1日に複数回血糖値を測定する必要がある。
とはいっても、注射針が与える身体的・心理的ストレスは大きく、
それによって測定の回数を減らすことにつながっているらしい。

そこで患者の測定時の負担を軽くするために開発されたのが、
Temporary tattoo(テンポラリタトゥー)だ。

カリフォルニア大学の研究員Amay Bandodkar氏が、
弱い電流を使用して体内のグルコースを測定するセンサーを開発した。

腕にシール状の装置を添付するだけで、痛くない。
薄い紙に電極がプリントされており、使い捨て可能。
低価格(数セント)だそうだ。

ちなみに、20歳から40歳の健康な被験者がこのタトゥーを使用し、
炭水化物を多く含んだ食事の後にグルコース値を測定したところ、
従来の測定法と同程度の正確さでグルコース値の上昇を表示したという。

しかしながらこのタトゥーではグルコースの数値を表示することはできない。
測定結果を取得するには、タトゥーをはがして専門スタッフが分析する必要がある。

最終的にはbluetoothの機能を追加し、かかりつけ医に直接リアルタイムで情報を送信し、クラウドにデータを保存することを目指しているとのこと。

またグルコース以外の代謝産物、薬、アルコール等のような血液中の組成物の測定も目指している。

Source: The
Atlantic


Comments are closed.