サイクリングに最適 0.1秒でレンズの色調を切り替えるハイテクサングラス「CTRL ONE」

tag:, ,


現在Indiegogoで出資者募集中の「CTRL ONE」。

e-Tint(イーティント。電子式調光システム。)採用のこのハイテクサングラスがあればトンネルの多い道も快適走行!

2015-07-03_1055

 

 

「CTRL ONE」:驚きのポイント3つ

その1 レンズの色の濃淡(3段階あり)は0.1秒で切り替わる

周囲の光の状況に合わせて、自動的にレンズの色調が切り替わるのですが、そのスピードがすごい! 動画でチェック↓

レンズの色調を手動(フレーム横の「On-Off ボタン」)で切り替えることも可能。

その2 安心の超耐衝撃性能

アメリカ規格協会が提唱する工業規格「ANZI 87.1」は、サングラスやゴーグルなどアイウェア製品に関する最も厳しい検査と言われています。その検査をクリアしている「CTRL ONE」を装着していれば、虫もほこりも、雨も、瓦礫もへっちゃらです。

その3 カスタマイズも自由に

ノーズやテンプルのパッドは調整可能。レンズやフレームのカラーバリエーションは過不足なし↓ 組み合わせも自由。

2015-07-03_1051
  下の段、右端のモデルは、アンディ・シュレク氏監修の特別モデル。

 

 

「CTRL ONE」:素朴な疑問

その1 視力矯正が必要な人は使えるの?

→ 視力矯正用のフレーム(「CTRL ONE」の内側に装着できるミニフレーム)を別途購入(10ドル必要)し、最寄りの眼鏡店でレンズを選んでフレームに挿入すればOK。

その2 使用中に電池切れになったらどうなるの?

→ 元々は米陸軍特殊部隊用に開発されたサングラスだけに、危機管理が十分!電池切れの場合は、最も視界が良い状態になるように設計されているそうです。
ちなみに、充電は付属のUSBケーブルを使って、1時間の充電で50時間の連続利用が可能。

 

Indiegogoを通じての出資期限まであと42日。
現在125ドル以上の出資で「CTRL ONE」が1つゲットできる。

またツールドフランス優勝者のアンディ・シュレク氏監修の特別モデル「CTRL ONE」(クロム製フレーム、ブルーレンズ)は175ドル以上の出資でゲットできる。おまけに、ファンにうれしいシュレク氏の直筆レターとサインが付いてくる。

なお日本への送料は+35ドル必要です。

 

サイクリングと縁のない人には次のようなシーンでの使用が提案されています。
2015-07-03_1144

 

Indiegogoでの購入方法については、別ページの「続いて、SONICableの購入方法です↓↓」をご覧ください!

 

 

参照元リンク:
https://www.indiegogo.com/projects/ctrl-one-light-adapting-lcd-sunglasses#/story
http://www.ctrl-eyewear.com/faq/

 


Comments are closed.