【翻訳】WordPress創始者が10億ドル企業を作った秘訣

tag:


マット・マレンウェッグ氏によるWordPressはインターネット上で最も影響力のあるソフトウェアです。全ウェブサイトの19%以上がWordPressを利用しています。

WordPressの親会社であるAutomatticが10億ドル企業への道筋をたどる前には、マレンウェッグ氏は自己実験による健康志向の、熱心なプログラマでした。

今週Tim Ferriss氏との会話で、マレンウェッグ氏は多相睡眠について詳しく述べました。多相睡眠とは1日に複数回睡眠をとることを意味しています。:たとえばスペインでは、午後にシエスタと呼ばれる昼寝の習慣があり、この多相睡眠の一例です。

歴史家は最近になって、人間の生まれつきの睡眠パターンは2位相(上図のBiphasicにあたる)
であるという見解を表しています。電気照明が使われる前の時代、人間は日没後まもなく眠り、真夜中に目を覚まし、料理や会話、読書などをしたそうです。マレンウェッグ氏はこの人類の2位相睡眠の性質をより思い切ったスタイルで取り入れました。2回ではなく、1日に6回、睡眠時間をとったのです(各回約40分間)。そして各睡眠時間の間隔は2.5時間空いています。

「これは私の人生の中で最も生産性の高い時間でした。この時期にWordPressを作成したのです。」とマレンウェッグ氏は述べました。
しかしこれを実行するのはたやすいことではありません。マレンウェッグ氏によれば、1日6回の睡眠時間のうちたった1つ逃した場合、「破たん」してしまうそうです。困難にも関わらず、もしこのUbermanスタイル(上図参照)が社会的により容認されているならば、この睡眠スタイルを継続していたかもしれません。ちなみにマレンウェッグ氏にガールフレンドができた際に、この大胆な睡眠スケジュールをあきらめたそうです。

マレンウェッグ氏はまた、その他にも生産性を向上させる道具を愛用しているようです。
例えば彼は”Dvorak”というキーボードレイアウトの大ファンです。
これはBやMのような文字以外、他のすべての文字がよりよい位置に配置され、タイピングの効率が大幅に改善されています。このDvorakキーボードのレイアウトへの変更は多くの機種で簡単です。

またマレンウェッグ氏の新年の抱負は毎日5分間瞑想することです。これによって同氏は多くの瞑想を愛するテクノロジー企業創設者に仲間入りしました。(マレンウェッグ氏は瞑想をサポートするスマートフォンアプリ、Calmの発案者でもあります。)

source: Venture Beat


Comments are closed.