「Wildcard」は自分にとって重要な人物に会う可能性を高めてくれるアプリ

tag:,


「Wildcard」は自分に何らかの関連のありそうな人物を教えてくれるアプリ。

 

「Wildcard」 の仕組み

 

その1: 自分のWildcardをまず作成

まず自己紹介文をTwitter利用で簡単に編集できます。次に、自分の目標、志を記入しますが、ツイートできるよう短くまとめます。

自己紹介文と目標、この2つの要素によって自分と関連のありそうな人物の候補が表示されます!

↓ 実際のWildcardはこんな感じ。

2015-07-10_1400

 

↑名前、簡単な経歴、「GOAL」(目標、志)が記載されています。

その2: 興味をもった人物のカードをコレクションできる

候補者のカードを見ていて、下方向へスワイプすれば「Pocket」にそのカードが一瞬で「Take」(保存)されます。逆に興味なしと思ったら、上方向へスワイプ。その人物のカードは削除されます。

 

2015-07-10_1409

 

その3: 「Pocket」に保存した人物も、自分のカードを「Pocket」に保存していれば・・・

両想い(?!)であれば、即座に連絡先が双方へ通知されます。残念ながら片思いの場合は、相手のTwitterをフォローすることができます。

 

2015-07-10_1426

↑ Pocket内で「MATCHES」(両想い)のユーザーがリスト表示されています。

 

その4: イベント時に「Decks」を使えば、良い出会いが期待できる

初参加のイベントであっても、この「Decks」機能を使えば、自分と関連のありそうな人物を引き合わせてくれます。またお互いのWildcardをみれば、話のきっかけにも困ることはありません!

 

2015-07-10_1427

 

↑ イベント名と会場までの距離が表示されています。

 

日本語非対応ですが、役立ちそうなアプリだと思いませんか?

 

情報元リンク:

http://www.getwildcard.co/?ref=producthunt

https://medium.com/@Wildcard/how-wildcard-works-e1991a63414b

 


Comments are closed.