ドラッグ&ドロップすれば選んだアプリで即やり取りが開始できる「Contacts & Dialer by drupe」 最新バージョンリリース 

tag:


「Contacts & Dialer by drupe」(以下「drupe」)は友人に連絡を取る際、いろいろなアプリを使っている人に大助かりな無料アプリです。
まずスワイプすると、よく使う連絡先と連絡用アプリ(電話、メール、SMS、LINE等)が表示されます。次に連絡を取りたい相手のアイコンをアプリアイコンへドラッグすれば、そのままアプリ上でやり取りが開始できる、非常に使い勝手の良いアプリです(Android版のみ)。
電話帳を開いて、連絡先を探して、アプリを開いて…といった従来の操作を一切省略し、最短2スワイプで好きなアプリ利用で連絡できる便利さは世界唯一ということで、米Gizmodeが発表した2015年ベストアプリ20選に選ばれています。

 

2016-03-10_1050

簡単かつ直感的な操作で大幅に時間短縮。

 

2016-03-10_1136

各アプリでの履歴が一括表示される機能も。

 

2016-03-10_1143

後で連絡を取りたい時に使えるリマインダー機能も1スワイプで設定可能。

2016-03-10_1158

テーマ設定も可能。

 

既に100万ダウンロードを達成している「drupe」ですが、現地時間2016年3月9日、「drupe」の最新バージョン「drupe 2.0」がリリースされました。

drupe | http://www.getdrupe.com/

Drupe is a cleverly designed dialer every Android user should try | http://thenextweb.com/apps/2016/03/09/drupe-android-dialer-every-power-user-try/

2016-03-10_1039

「drupe 2.0」の新機能 その①: Google Hangouts、WhatsApp、Skypeも選択可能に

携帯電話または固定電話を利用したい場合に、Google Hangouts、WhatsApp、Skypeも選択可能になりました。またTwitterで直接メッセージを送信することも可能になりました。

 

「drupe 2.0」の新機能 その②: 不在着信への返答時もアプリ選択が簡単に

不在着信履歴もアプリアイコンとともに表示されるようになりました。drupeの通常利用と同様に、不在着信の対応も簡単になりました。

 

2016-03-10_1116

「drupe」共同設立者兼CEOのBarak Witkowski氏によれば、今後ユーザーの位置情報や現在時刻、最近の通話等に基づいて次のコミュニケーション行動を予測する機能の追加を考えているそうです。さらに電話やメッセージにとどまらず、金銭のやり取りも可能な機能を開発中ということです。

 


Comments are closed.