普通のチョコレートと同じ味なのに脂肪分が2割減のチョコ その作り方は??

tag:


「低脂肪」製品は健康に良いとはいえ、味がイマイチというイメージがつきまといますが・・・。今回発表された「低脂肪」チョコレートは、おいしさはそのままで脂肪分が最大20%もカットされた、ダイエットも気になるチョコ好きが大喜びするチョコレートなようです。

Love chocolate? Scientists say they can electrify it to make it low fat and taste the same | http://www.digitaltrends.com/cool-tech/chocolate-electricity/?utm_source=socialm&utm_medium=twitter

2016-06-27_1309

 

脂肪分20%カットの秘密

M&M’sやSNICKERSなどのチョコ製品でおなじみの米国大手食品会社Mars Inc.。そのコンサルタントが2012年、チョコレートの液体が生産ラインのパイプをスムーズに流れるようにする方法についてテンプル大学の研究員に相談をもちかけました。通常はココアバターの量を増やすことで流れがよくなるのですが、ココアバターは脂肪分が多いことが難点。そこで研究員のRongjia Taoさんは、ココアバターを増量せずに流れをよくする方法を研究しました。

c7701fbc0bc5e12d4c655f776d01d3c4_s

via: photo AC

その結果、チョコレートの液体を帯電したこし器でこす方法を発見。チョコレートに電気ショックを与えることでココア成分が平坦化し、スムーズに流れるようになるそうです。

さらにTaoさんはその方法を利用して、風味を損なわないよう粘性を保ったまま脂肪分のみを減らしたチョコレートを作れるのではないかと思いついたそうです。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

via: photo AC

 

商品化はいつ?

テンプル大学がこの新技術の特許を保有していますが、Taoさんはこの健康的なチョコレートが市場に出回ることを望んでいます。
チョコレートメーカーにとってはたった1つ設備を追加するだけでこの新技術を導入することができるので、製品化もそう遠くはなさそうです。


Comments are closed.