遊ぶだけではもったいない 「ポケモン Go」で社会貢献もできる

tag:


日本での公開が待ち望まれる「ポケモン Go」ですが、先行公開された国ではその爆発的人気にあやかり、集客の大幅増に成功したレストランや商店がニュースで取り上げられています。

This sweet Pokémon Go player set up a lemonade stand for trainers | http://www.dailydot.com/parsec/pokemon-go-feel-good/

via: Forbes

アイテムと経験値が入手できる「ポケストップ」に設定された衣料品店では、看板を掲げてプレイヤーを店内へ誘導している。 via: Forbes

 

「ポケモン Go」で集客できる秘密

「ポケモン Go」のアイテム「ルアーモジュール」は30分間ポケモンを出現させる有料アイテム。価格は10ドルで、「ポケストップ」でしか使用できないという制限はありますが、付近にいるプレイヤーは誰でもそこで出現したポケモンを捕獲できるとのこと。

このアイテムを利用し、マンハッタンにあるピザレストランL’inizio Pizza Bar(↓)では、10ドルの投資で週末の売上額が3割増加したそうです。

via: New York Post

via: New York Post

 

アイディア次第でビジネスや社会貢献ができる

公園にリフレッシュメントスタンドを作り、「ルアーモジュール」に引き寄せられて集まったプレイヤーにレモネードを振舞う少年。レモネードは無料ですが、募金を受け取るそうです。

via: reddit

via: reddit

 

コロラド州フォートコリンズにあるシティパークで、「Pokemon Go自動販売機」を設置した女性。「ルアーモジュール」でプレイヤーを集め、飲み物を販売。その売上金は全額、動物保護団体「Larimer County Animal Shelter」に寄付したそうです。

via: The Daily Dot

他にも暗がりを歩くプレイヤーの安全を確保するため、リフレクター(反射板)「Poke Glo」を自作し販売している7歳の少年も話題になっています。

2016-07-21_1434

via: Venture Beat

 

 


Comments are closed.