「SwitchCharge」はニンテンドースイッチのバッテリーとスタンドの問題を解決できるバッテリーケース

tag:,


 

「SwitchCharge」は世界初の、ニンテンドースイッチ用の多機能バッテリーケースです。12,000mAhの大容量、しっかりと安定するスタンド、 ゲームカードスロットが2つついています。

SwitchCharge – A Battery Case For Nintendo Switch | https://www.indiegogo.com/projects/switchcharge-a-battery-case-for-nintendo-switch#/

 

ニンテンドースイッチの問題

各メディアでニンテンドースイッチのバッテリーとスタンドの問題が指摘されています。
「テーブルモードでは充電しながらプレイできない。」(Trusted Reviewsより)、「スイッチはバッテリーを大量に消費するので、携帯用バッテリーパックではプレイ中にバッテリーがなくなることをかろうじて防ぐことしかできない。」(TechRadarより)、「想像通り、スイッチを携帯するときの最大の問題はバッテリーだ。」(Engadgetより)、「スイッチのスタンドは使い勝手が良くない。すぐに傾く。数日のうちに何度も倒れてしまった。」(CNETより)

2017-04-10_1333

 

「SwitchCharge」とは

ニンテンドースイッチ専用の初のバッテリーアクセサリー「SwitchCharge」は12,000mAhバッテリー容量により、使用可能時間が最大12時間追加されます。また開発元の独自技術により、プレイしながら充電を同時にできます。

2017-04-10_1021

 

2017-04-10_1026

 

安定性のあるスタンド

「SwitchCharge」のスタンドはプレイ中でもしっかり安定し、角度を選択することができます。また、充電ポートはケースの右側へ移動したので、テーブルモードでプレイしながら充電できます。

2017-04-10_1137

 

ゲームカードスロットが2つ

ニンテンドースイッチ本体を保護するだけではなく、ゲームカードもスロットに入れておけば安心。

2017-04-10_1139

スリムなデザイン

「SwitchCharge」はABSプラスチック製で、万が一落下しても衝撃・傷から保護します。また薄い形状で、ポケットにも入ります。

2017-04-10_1143

 

熱のコントロール

「SwitchCharge」はオーバーヒート対策を考慮した設計になっています。スイッチ本体と「SwitchCharge」の間に1mmの隙間を設け、熱を逃がします。

2017-04-10_1148

「SwitchCharge」の仕様

サイズ: 158mm×118mm×26mm
重さ: 390g
内部バッテリー: リチウムイオンバッテリー
電源出力: 5V/2.4A
ポート: USB-C
充電時間: 約3時間

2017-04-10_1152

 

セットの仕方

1.「SwitchCharge」最上部を2/3cmほど引き上げます。
2.スイッチ本体を「SwitchCharge」 にセットし、底部のUSB Cプラグに固定されたことを確認します。
3.1.で引き上げた最上部をクリック音がきこえるまで押し下げます。

2017-04-10_1317

ゲームカードスロット使用時には、カードが底に届くまでしっかりと差し込みます。

2017-04-10_1322

 

気になる価格は?

2017-04-10_1154

Indiegogoで出資者募集中の現在、85ドル+日本への送料6ドル、合計91ドル(約10,140円)で「SwitchCharge」とUSB-Cケーブル1本入りの1セットをゲットできます。発送は2017年8月の予定(2017年4月10日現在)。

 


Comments are closed.