4K対応のヘッドマウントディスプレイ「Cinego」 目の疲れが心配な人にもおすすめ

tag:, ,


クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集中の「Cinego」は4Kディスプレイ搭載のヘッドセットです。
「Cinego」を装着すれば、まるで自分専用のシアターで鑑賞しているような没入感を体験できるようです。

Cinego – Meet Your Personal Immersive 4K Cinema | https://www.indiegogo.com/projects/cinego-meet-your-personal-immersive-4k-cinema#/


 

「Cinego」の没入感が抜群の秘密

「Cinego」は解像度1920×1080、0.7インチサイズのM-OLEDディスプレイを2つ搭載で、ピクセル密度(PPI)は3147。iPhone Xの約7倍のピクセル密度により、細部までくっきり鮮明な映像を実現。

左が「Cinego」で見た映像。左は他社のヘッドセット使用。

 

セットアップも操作も簡単

Android OSを搭載し、他の端末とシームレスに連携可能。YouTube、Netflix等ののストリーミングはもちろん、メモリに保存してある動画やPS4等のゲームにもスムーズにアクセスできます。

 

4.5時間連続再生可能なバッテリー

ほとんどの映画は、バッテリーを気にすることなく視聴可能。

 

眼鏡を外して楽しめる

近視(-8D程度まで)、遠視(+3D程度まで)でも裸眼で「Cinego」使用可能。+/−0.33D単位で調整可能。また左右別に設定が可能。

 

長時間装着も快適の秘密 その1:軽量

他社製品の約3分の1の軽さの200g。首や頭部への負担を軽減します。

 

 

長時間装着も快適の秘密 その2:目の負担軽減

MOLEDディスプレイにより有害な短波ブルーライトを軽減します。またスクリーンのまぶしさを抑えるための、特別なデザインを採用。さらに映画館と同じように、800インチサイズの大画面バーチャルスクリーンを20m先に投影することで、眼筋の負担を抑えます。

 

気になる価格は?

クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集中の現在、399ドル(約44,877円)の出資で「Cinego」ヘッドセットの他、コントローラー等が入った1セット(↓)をゲットできます。

発送は2017年12月の予定(2017年11月22日現在)。


Comments are closed.