3Dプリンターでキャンピングカー完成!

tag:,


カナダの有志チームが、3Dプリントでキャンピングカーを作ったと報じられています。3.96 m × 1.98m × 1.82 mの大きさで、プリントに9日かかったそうです。

キャンピングカーの縮小模型

 

驚くべきはこのキャンピングカー、組み立て不要の完成状態でプリントされたとのこと。特注の「ErectorBot」3Dプリンター(ニックネームは「Printron」)を使用したそうです。この「Printron」、8.53 m × 2.43 m × 2.13 mというビッグサイズのプリンターで、今回のような大きな3Dコピーが実現したのです。

「このプロジェクトに使用したPETGプラスティックは、炭酸飲料用ボトルと同じプラスチックです。」「今回使用したプリンターと比較的小さいプリンターの大きな差は、プラスチックのストリングをセットする代わりに、ペレット・エクストル―ダーを使用することにあります。この押出システムにより、より高速でペレットから直接プラスチックを押し出すことが可能になります。この速い速度のおかげで、Create Cafeも10日足らずで完成させることができ、コストも抑えられました。」とCreate Cafe 3D Printing Solutionsの創業者兼CEOのDustin Makiさんが話しています。

Makiさんによれば、このキャンピングカーの3Dプリント完了後は電化製品の取り付けや断熱塗装、窓の取り付け等を予定しているそうです。

またプロジェクトの発起人であるRandy Janesさんは、一般販売用のユニットを製造するための3Dプリント施設を開設する予定です。レイアウトや窓の位置、テーブルや椅子の高さ、さらには外装の色まで、購入者がカスタマイズできるキャンピングカーも登場するかもしれません。

 

Source:

It took 9 days to 3D print this record-breaking, full-sized camper van | https://www.digitaltrends.com/cool-tech/3d-printed-camper-van/?utm_source=feedly&utm_medium=webfeeds

 

 


Comments are closed.