Skypeに同時通訳機能 プレベータ版公表

tag:


南カリフォルニアで開催されたRe/CodeのCode Conferenceにて、Skypeの即時的通訳機能のプレベータ版を使い、MicrosoftのCEO Satya NadellaがSkype Corporateの副社長とともに、英語を話さないドイツの友人へ電話をかけた。結果、話が通じ理解し合えたという。このSkype通訳はWindows8.1のスタンドアロンアプリとして今年後半に登場する予定。
Skype通訳は、話者➀が話した言葉を認識しテキスト化する。そのテキストを話者②の使用言語に翻訳し、その音声を合成し発信するという仕組み。
通訳に要する時間は対象の文やフレーズの量によって決まる。また「沈黙探知機能」がついており、通訳を開始するのに最適なタイミングを検索するそうだ。現在のところ、通訳言語を環境設定であらかじめ選択しておく必要がある。(299文字)


Comments are closed.