人類が解決できない問題を解く人工知能 実現を目指すHassabis氏に期待!!

tag:


Googleが時価650ドルで買収したDeepMind。その創業者であるDemis Hassabisは現在38歳。

この買収直前、DeepMindはスペースインベーダーのようなアタリゲームを超人的レベルにまでプレイできるように学習できるソフトウェアを発表していた。

このソフトにはゲームのプレイ方法に関する情報は全くプログラムされておらず、制御装置とディスプレイへのアクセス、スコア認識、できるだけ高いスコアをとるようにする意識づけだけがプログラムされていた。

いったいどうやってソフトウェアが「超人的」プレーヤーになったのか?↓

The program became an expert gamer through trial and error.
訳: このプログラムは試行錯誤を通してゲームのエキスパートになったのです。

注目フレーズ: trial and errror=試行錯誤

現在多くの研究者がDeepMindの技術を応用してGoogle製品を進化させられないか模索する中、Hassabis氏が目指している通り、多くの分野でコンピューターが新しい役割を果たせるようになるかもしれない。

例えば、どのような問題に対しても学習し解決策を見つけられる人工知能ソフトウェアを開発している。
Hassabis氏の言葉によれば、「人工知能は人類にとって驚異的な役割を果たしてくれる可能性がある。」、「病気や、その他現状において進歩が遅れている諸問題の解決を加速してくれる可能性がある。」

最後にもう一つ、Haasabis氏の言葉、
「人間にとって役に立つことがもっと多くできるロボットが作れない原因の1つは、ロボットがプログラミングされているからです。」
「プログラミングされたロボットは不測の事態あるいは新しい事柄に対処するのが非常に苦手なのです。」

人工知能、ちょっと怖いけど(映画の見すぎ?)病気で不自由な生活を改善できるテクノロジーを心待ちにしています!!!

<<Hassabis氏の略歴>>

☆4歳: チェスを始める。神童として頭角を現す。

☆8歳: 以下の2つの問題を真剣に考え始める
①どうやって脳は複雑な作業を習得するのか
②コンピューターが同じようなことができるのか

☆高校卒業後(飛び級で2年早く): イギリスの有名ゲームデザイナーPeter Molyneuxと仕事を始める。

☆17歳: Theme Parkというゲームの開発リーダーとなり、1994年にリリース。

☆ケンブリッジ大学でコンピューターサイエンスの学位取得後: 1998年にゲーム会社を設立。

☆2005年: University College Londonで神経科学の博士課程に入学。
人間の脳の研究によって人工知能開発にヒントを得ることが目的。

☆2011年: ポスドク研究員生活を終え、DeepMind Technologiesを設立。

source: MIT Technology Review


Comments are closed.