YouTube新機能  動画に情報を補足する「カード」はモバイル端末でも表示可能に

tag:


YouTube動画投稿者が、投稿した動画に情報を追加したいときに使うのは

アノテーション機能。

このアノテーションは数年間利用されてきた機能であるが、

「アノテーションで紹介する情報により柔軟性を持たせたい」、

「モバイル端末でもアノテーションが機能できるようにしてほしい」、

といったユーザーからの要望に応え、その進化形として米国時間3月16日に登場したのが「カード」機能だ。

 

カードを使えば視聴者に他の動画、商品、プレイリスト、ウェブサイト等々の情報を提供できます。カードはあなたの投稿動画と同じくらい美しく、動画視聴中であればいつでも、もちろんモバイル端末でも、表示されます。

http://youtubecreator.blogspot.jp/2015/03/make-your-videos-even-more-interactive.html

 

現在のところカードは6種類;商品紹介カード、資金調達カード、動画カードまたは再生リストカード、関連ウェブサイトカード、視聴者ファンディングカード。

「カード」の種類→ https://support.google.com/youtube/answer/6140491?hl=ja&ref_topic=6140492

 

しかしながら、アノテーションのすべての機能がカードで利用可能になるまでは

アノテーション機能を廃止する予定はないとのこと。

 

 

YouTube公式ブログにはカードを歓迎する声が続々届いているようです。 ↓↓

 

YouTube投稿者に便利!

 

非常に優れた新機能です。 今日投稿した動画に早速カードを数枚使ってみました。とても便利です。

 

もっとカードの種類を増やしてほしい!

おもしろいツールだ。アノテーション、カードのそれぞれに存在価値があると思うのだけど?

 

カードが登場して、アノテーション機能がなくなってしまわないか心配している。でももしカード機能でアノテーション機能のすべてが利用可能、しかもモバイル端末でも利用できるようになるならカードを歓迎する。しかし、ボックスを描画できるようになり、大きな障害物がスクリーン上に出なくなるようになるといいなあと思っていますが。

 

カードの保存機能を追加してほしい。アノテーションのように、よく使うカードを毎回作る手間が省けるといい。

 


Comments are closed.