iOS 8シェアが77%に。対するAndroidは2分したまま

tag:


現地時間月曜日にAppleが発表した情報によると、

iPhoneおよびiPadにおけるiOS 8のシェア率が77%になりました。

 

対するAndroidは、Android 4.4 KitKatのシェアが40.9%、

4.1x、4.2x、4.3 Jelly Bean合わせて42.6%。

ちなみに最新バージョン5.0 Lollipopはたった3.3%。

 

最近AppleはiOS 8.2をリリースしたばかり。

この最新バージョンは、間もなく発売されるApple Watch管理用のアプリに対応。

さらに「FREAK」と呼ばれるSSL/TSL欠陥にも対応済み。

 

 

☆以下は海外のコメントです↓↓

iOSの不具合も紹介すべきだよ。AndroidのKit KatよりiOS 8.2のほうが不具合が多いと思うよ。

 

 Androidの最新バージョンといっても、前バージョンとほとんど変わりがない。おそらくiOSと同じ。

 

>Androidの最新バージョンといっても、前バージョンとほとんど変わりがない。

>おそらくiOSと同じ。

大きな違いが1つある。Googleは新しい端末に搭載されて販売されていても、旧バージョンのサポートを停止する。

 

たぶん一般の人は「bifurcated(2分した)」の語の意味が分からないと思う。なのでもっと分かりやすいタイトルを考えた。

『Apple iOS 8 シェアが77%に 対するGoogleはトラブル続きのまま』

 

だからどうした?競合相手との比較なしに、Appleの実績だけに基づいて討論することは正しいのか?

(以下記事引用部分↓)

『iOS 8のシェア率が依然高く、つまりそれは多くのiOS端末ユーザーがiOS 8対応のより新しいハードウェアを持っていることを示している。これはiOSのアップデートおよびハードウェアの売上の両方が好調であることを示している。』

それで何か?一方は肯定的な要素を挙げて、もう一方はこてんぱんに否定する。高校生みたいに。そうやっていつもマニアの自尊心をあおる必要ってあるの?

 

>Androidの最新バージョンといっても、前バージョンとほとんど変わりがない。

>おそらくiOSと同じ。

Googleは非常に多くのAndroidユーザーが使っているバージョンのサポートを停止しただけでなく、そのバージョンは深刻な欠陥が見つかっているのにその修復を拒否しているという事実はどう思う?

http://www.extremetech.com/mobile/197346-google-throws-nearly-a-billion-android-users-under-the-bus-refuses-to-patch-os-vulnerability

さらには、その最新版の役立たずOSは3.3%しかシェアがない。リリースからiOS 8.xと同じ時間がたっているのに。大爆笑!

 

 

 

source: http://forums.appleinsider.com/t/185304/apple-ios-8-distribution-hits-77-as-googles-android-remains-bifurcated


Comments are closed.