お盆休みにおうち時間を楽しむためのオンラインイベント・サービスまとめ

tag:,


 今年のお盆休みは最大で9連休になるところもあるようですが、新型コロナの感染拡大が続いているため、今年のお盆は帰省や旅行を断念し、自宅で過ごす予定の人も多いのではないでしょうか。
 せっかくの夏休み、おうちに居ながらにして楽しめる、オンラインのイベントやサービスをまとめてみました。遠出しなくても特別な体験ができるイベントに、インターネット上ならたくさん参加できそうですね!

 

目次


 

『ニコニコネット超会議2020夏』 おうちでプロ棋士と将棋特訓「ニコニコ超将棋道場」 戸辺誠七段・八代弥七段による「ネット指導対局」や藤井聡太棋聖作の詰将棋問題

8月15日(土)・16日(日)、ニコ生で生放送

2020年8月9日(日)~16日(日)の8日間にわたり開催する日本最大のネットの夏祭り「ニコニコネット超会議2020夏」において、将棋企画「ニコニコ超将棋道場」を8月15日(土)・16日(日)に生放送することをお知らせします。
 「ニコニコ超将棋道場」では、今年4月に開催されたニコニコネット超会議2020の人気企画「ネット指導対局」を再び実施します。同企画は、日本将棋連盟公式のオンライン対局サイト「将棋倶楽部24」を使用し、参加者が自宅にいながら無料でプロ棋士による指導対局を受けることができます。事前申し込みは不要となり、放送時間中に「将棋倶楽部24」にログインしていればプロ棋士と指すチャンスがあります。今回、指導にあたるのは、戸辺誠七段と八代弥七段です。

 また、藤井聡太棋聖が今回の放送のために作成した詰将棋を出題します。詰将棋の正解者には、藤井聡太棋聖の直筆サイン色紙をプレゼント。さらに、初代叡王の髙見泰地七段と香川愛生女流三段が、超将棋スポンサー企業のタカラレーベンのモデルルームを見学・レポートする特別動画も配信します。

続きはこちら

 

【ニコニコネット超会議2020夏】京都・総本山 仁和寺「OMURO88プロジェクト」成功祈願 仁和寺の法師による~京都・大阪・兵庫~徒歩巡礼旅を生中継

ニコニコのギフトによる支援も可能に

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏野剛)は、日本最大のネットの夏祭り「ニコニコネット超会議2020夏」(開催期間:2020年8月9日~8月16日)にて、京都・総本山 仁和寺で行われている「OMURO88プロジェクト」の成功祈願として、総本山 仁和寺僧侶が徒歩で各地名所、名刹を巡礼していく生放送を8月9日(日)より8日間にわたり実施します。

 「OMURO88プロジェクト」は、台風被害等により参道の崩落や諸堂の破損の被害にあった、総本山 仁和寺金堂の北側に広がる「御室成就山88ケ所」を整備・保護するために2020年1月末に立ち上がりました。本番組では、プロジェクトの成功祈願として総本山 仁和寺僧侶と随行者による京都・大阪・兵庫を徒歩巡礼する模様を8日間にわたり毎日お届けするほか、視聴者はニコニコのギフト(※)機能を利用して「OMURO88整備基金」への支援を行うことが可能です。
 ※ニコニコポイントを使い、放送中の番組に対してギフト(支援)を贈ることができます。 

続きはこちら

 

【夏休み特別企画】ライター厳選!いま見ておくべき映画を毎週紹介「Paravi映画祭り」

8/7(金)より特集サイト公開

​動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、夏休み特別企画としてParaviで配信中の映画の中から映画に精通したライター4名が厳選した、ラブストーリー、コメディ、サスペンスなど、いま見ておくべき映画を毎週5本ずつ紹介する「Paravi映画祭り」の特集サイトを本日より公開した。

映画アドバイザー・ミヤザキタケルおすすめの「珠玉の恋愛」「必見の名作」、映画ソムリエ・東紗友美おすすめの「熱男たちの夏」、ライター・田幸和歌子おすすめの「イケメンに酔う」、ライター・安部裕子おすすめの「話題の韓国映画」と5週に渡って作品を紹介。さらに情報サイト「PlusParavi(プラスパラビ)」ではより作品を深く知れる作品コラムも掲載する。
この夏誰かに教えたくなる、映画との素敵な出会いをぜひParaviで見つけていただきたい。

続きはこちら

 

【ASICS×Player!】オンラインランニング大会『#RunToFeel Cup for Students』開催決定!

Player!はASICS社と協業し、全国の学生を対象としたオンラインランニング企画を実施

スポーツスタートアップ企業ookami は、アシックスジャパン株式会社との協業により、新しい世界に挑むすべての学生のための新しいランニング大会『#RunToFeel Cup for Students』を開催致します。参加方法は、アシックス社のランニングアプリ『ASICS Runkeeper(アシックス ランキーパー)』を使用し、ランニング後、記録を画像に書き出し、『#RunToFeel #BeAPlayer』とハッシュタグをつけてSNS(Twitter・Instagram)に投稿、エントリー完了です。ランキング上位者と特別賞対象者には豪華景品も準備しております。一人で走るけど一人じゃない、そんな新しいランニングスタイルにぜひご参加ください。

#RunToFeel Cup 特設ページ:https://bit.ly/3fyiLW0
Be a Player! プロジェクト特設ページ:https://web.playerapp.tokyo/be-a-player

続きはこちら

 

夏の思い出写真の彩りをアドビがお手伝い!「あどびはなびフォトチャレンジ」を開始

「Adobe Photoshop Camera」のレンズを使って、クリエイティビティがつまった花火をカタチに残そう!「 はなび [彩] 発見 – もっと記憶に残る夏 – 」8月6日(木)スタート

アドビ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は、写真の撮影・加工を通じて、空想の花火の思い出を彩りある写真としてカタチに残し、いつも以上に “記憶に残る夏” にすることをコンセプトに、「見て、聞いて、撮って 花火の魅力を彩発見!アドビで“花火の思い出”をたのしく残そう『あどびはなび』」メディア向けオンラインイベントを都内で開催し、「あどびはなびフォトチャレンジ」を2020年8月6日(木)より開始することを発表しました。

今年は花火大会の相次ぐ中止や外出自粛により、花火の写真を撮る機会は減ってしまいました。そこで、別の方法で花火の写真をクリエイティブに残せるように「Adobe Photoshop Camera」の “空想レンズ(花火)” を使った作品のフォトチャレンジを実施します。「Adobe Photoshop Camera」は、今年6月にリリースしたばかりのモバイル用アプリで、被写体と背景をAIテクノロジーが自動認識し、どのフィルターやエフェクトがいいかを自動で判断してくれるインテリジェントなアプリです。あなたの身の回りの風景や、過去に撮影した思い出の1枚に大輪の花火を打ち上げて投稿してください。

続きはこちら

 

チームラボ、家のテレビがアートになりステイホームでも世界と繋がっていく新たなアートプロジェクトを開始。自分の描いた花が世界中の人々が描いた花々と一緒に、世界中のテレビの中に咲き渡る。8月6日から公開。

アート集団チームラボは、新型コロナウイルスによって世界中が分断していく中、例え、家に閉じこもっていなければならないときであっても、家で鑑賞し、家で参加し、そして世界と繋がっていく新たなプロジェクトをはじめました。
あなたの家のテレビがアートになって、世界と繋がっていく。
あなたが描いた花と、世界中の人々が描いた花々が一つの作品となって、世界中のテレビの中に咲き渡っていく「フラワーズ ボミング ホーム」。8月6日(木)から公開。

公式ウェブサイト: https://flowers-bombing-home.teamlab.art/jp/

#teamLabHome #チームラボホーム

続きはこちら

 

応募総数1,085作品。今年の夏は受賞作を読もう! KADOKAWAが運営するWeb小説サイト「カクヨム」にて開催した“2020年の夏”をテーマにした小説コンテストの受賞作が決定!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹、以下KADOKAWA)は、“2020年の夏”をテーマに物語を募集した「カクヨム2020夏物語」コンテストの結果発表を、8月6日にWeb小説サイト「カクヨム」上と「ダ・ヴィンチ」誌上で発表しました。大賞3作品、特別賞5作品が受賞しています。

■「カクヨム2020夏物語」特設サイト

https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomu2020summer

 「カクヨム2020夏物語」は、Web小説サイト「カクヨム」(https://kakuyomu.jp/)において、2020年3月27日~2020年5月6日の期間に開催されたコンテストです。
“2020年夏”をテーマにした物語を4000文字を上限に、「スポーツ・キャラクター小説部門」「ゲーム・冒険小説部門」「SF・ミステリー小説部門」の3部門で募集し、1,085作品の応募がありました。
 最終選考結果はカクヨムおよび『ダ・ヴィンチ』2020年9月号(8/6刊)などで発表。大賞作品は『ダ・ヴィンチ』同号に一部抜粋で掲載されています。

今年の夏は、受賞作品を読もう! 

続きはこちら

 

伊豆・伊東市で、SNSフォトコンテスト「おうちで按針祭」を開催!
ご自宅での手持ち花火の画像・動画の投稿を!!

メーンビジュアル伊東市(市長:小野達也)と一般社団法人伊東観光協会(会長:稲葉明久)は、伊東市最大のイベントで、毎年8月8日~10日に開催されている「按針祭」が、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となったことから、今年は、按針祭の花火の代わりにSNSでの投稿により、伊東市民にとってのソウルイベントである按針祭の期間を盛り上げようとフォトコンテストを企画しました。
「按針祭」は、昭和22年8月に第1回が開催され、その中でメインの花火大会は、第3回から行われており、今年74回目を迎えるはずでした。
今年開催できないことは、非常に残念ではありますが、来年は「按針祭 海の花火大会」が 盛大に開催でき、多くのお客様に楽しんでいただけることを願い、素敵なSNSへの投稿をしていただいた10名様に、来年開催予定の「按針祭 海の花火大会」特別観覧席ペアチケットをプレゼントいたします。

【開催期間】令和2年8月8日(土)~8月10日(月)

【参加方法】① 「おうちで按針祭」事務局アカウントをフォローしてください。
(例:Twitterで投稿する場合は、Twitterの事務局アカウントをフォロー)
◆事務局アカウント◆
Twitter:@anjinfes
Instagram:@ anjin_fes0810
Facebook:伊東観光協会
② 開催期間中に、ハッシュタグ「#Anjinfes」をつけて、ご自宅等での手持ち 花火の様子(写真・動画)をご自身のSNSアカウントで投稿してください。
【賞 品】令和3年8月10日に開催予定の按針祭 海の花火大会 特別観覧席ペアチケット

続きはこちら

 

夏を自宅で過ごす方のために「電子版 鉄道読み物書籍」を期間限定無料公開! 『お家で鉄道旅行!鉄道読み物無料キャンペーン』

インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝峰富雄)は、2020年8月31日(月)までの間、AmazonのKindle本ストアにおいて「鉄道読み物書籍」の電子版を期間限定で無料公開しています。

新型コロナウィルス感染拡大により、今夏予定していた旅行や帰省を取りやめ、自宅で過ごすことを決めた方は多いのではないでしょうか。また、自粛期間の長期化に伴い、ストレスが溜まってきている方も少なくありません。

天夢人では、こうした社会の現状を受けて、『お家で鉄道旅行!鉄道読み物無料キャンペーン』を実施します。このキャンペーンは、通常、AmazonのKindle本ストアで有料販売されている弊社刊行物のなかで、鉄道旅行に関連した人気の鉄道読み物書籍10冊の電子版を期間限定で無料公開するものです。現在実施中の「こども鉄道本無料キャンペーン」の好評受け、急遽このキャンペーンの実施となりました。

夏の旅行にでかけたつもりでじっくりと読むもよし、新型コロナウィルス収束後の旅行計画の参考にするもよし、昔の鉄道旅行を思い返してみるもよし、使い方はいろいろです。

期間限定無料公開コンテンツや詳細については以下をご参照ください。

続きはこちら

 

2020年の夏休みはオンラインで五感を使って海の祭りを探求しよう!~「お盆は日本のハロウィン?~海から〇〇がやってくる~」を開催~

2020年8月22日(土)10時~ <テーマは新潟県佐渡市の海の祭>

一般社団法人マツリズム(東京都中央区、代表理事 大原学)は、8月22日(土)全国の小学生を対象に、オンラインで参加が可能な探求プログラムを実施します。今回は、新潟県佐渡市琴浦地区の海の祭をテーマに、祭りの由来やお盆行事について知り、伝統文化と地域の課題について自ら学び考える1時間目セッションと、自身が知っている身近な祭りの事例から「祭のチカラ」を見つけ出し、参加者同士グループとなり議論・発表を行う2時間目セッションの合計2時間での開催です。
このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環で開催するものです。

<イベント実施の背景>
例年、当団体では大学生や社会人向けに、海の祭を実際に訪問・体験し地元の方の生の声を聴きながら地域や伝統文化を学ぶ「海の祭ism体験プログラム」を実施しています。本年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、現地訪問ではなくオンラインでの実施という形で、体験型学習の機会の減少が課題となっている小学生向けにプログラムを提供することになりました。

参加者はまず、お盆行事や佐渡市琴浦地区で行われる海の祭について事前学習を行い、また佐渡産の食べ物を受け取り、味わい、現地について関心を育てます。その上で、オンラインプログラム当日に臨むことで、受動的な学習ではなく主体的に探究する学習の場となります。

地域の方々にとっては、全国の小学生とその家族に琴浦地区の認知が広がり、新型コロナウイルス終息後の観光客誘致につながります。また外の地域の子どもたちとの交流の中で、自分が住む地域の価値や魅力に気づき、地域への誇り、そして新たな発信方法を考える契機としていただくことを想定しています。

本プログラムは、東京大学大学院教育学研究科付属海洋教育センター 加藤大貴氏のコンテンツ制作協力、一般社団法人アルバエデュの協力のもとに実施いたします。

普段とは過ごし方が異なる夏休みを迎えた小学生とそのご家族の皆さん、今年の夏休みは、佐渡のおいしいお土産を味わいながら、日本の文化や地域について全国の仲間と一緒に考えてみませんか?

続きはこちら

 

まとめ

今年の夏は特別と思って、今まで体験したことのないイベントにオンラインで参加してみるのもよさそうですね!新しい発見があること間違いなしですね!


Comments are closed.