「Windows 11」正式発表 6年ぶり大型アップデートの注目ポイント

tag:,


Microsoftは2021年6月24日(米国時間)、次世代のWindowsを紹介するイベント「What’s Next for Windows」で、「Windows 11」を発表しました。
2015年にリリースされたWindows 10から、6年ぶりの大型アップデートになります。
2021年後半にリリース予定とのこと。

 


 

Windows 11の注目ポイント

 

スタートメニューが一新

Windows 11では、スタートメニューが左端から中央へ移動し、画面の真ん中でメニュー項目が表示されるようになります。

Windows 11 のスタートメニュー(出典:The Verge)

 

Androidアプリを使うことができる

Windows 11搭載のPCで、Androidのアプリを実行できます。
先日のイベントではショートムービーアプリ「TikTok」が、Windows 11上で動作している様子が紹介されました。

Intel社の「Intel Bridge」技術とAmazonとのパートナーシップにより、新しいMicrosoft StoreはAmazon Appstoreと連携しAndroidアプリをダウンロードできます。
また、Adobeの「Creative Cloud suite」の他、「Zoom」や「Disney Plus」もMicrosoft Storeで提供される予定です。

Windows11で、Android、Windowsアプリが並んで表示されている(出典:The Verge)

 

ちなみに、複数のウィンドウを開いている時に、表示を簡単に整理できる「スナップレイアウト」機能も、対応しているAndroidアプリであれば、Windowsアプリと同じく利用できるとのこと。

Windows 11の「スナップレイアウト」機能(出典:The Verge

 

今までのWindowsの中で最も優れたゲーム体験ができる

Xbox公式サイトXboxWireに、「Windows 11: The Best Windows Ever for Gaming」(=Windows 11: ゲーミングに史上最高のWindows)というタイトルで投稿されている通り、いろいろと変更がありました。

Xbox Series X / Sの機能の1つ、オートHDRがWindows 11に搭載され、HDR対応モニターであれば、DirectX 11およびDirectX 12の大多数のゲームに、HDRを追加できます。
HDRを使用することで、画像表現がより豊かに、奥行きが感じられるようになります。

また、月額課金で100本を超えるゲームが遊べるXbox Game Passも、Windows 11に統合されます。
さらに、XboxアプリにxCloudが統合され、Microsoftのクラウドからもストリーミングが可能になります。

出典:Xbox Wire

 

Microsoft Teamsの導入

Microsoft TeamsがWindows 11にタスクバーに組み込まれ、デスクトップからコンタクトをとれるようになります。
Windows 10ではSkypeが組み込まれていましたが、Windows 11ではTeamsに置き換わるようです。
また、システムトレイ(タスクトレイ)には、全アプリのマイクをオフにする「ユニバーサルミュートボタン」が搭載されます。

 

Windows 10から無償でアップデートできる

Windows 11が動作するシステムの最小要件を満たしていれば、無償でWindows 11にアップデートできます。

現在使っているPCでWindows 11が動くかどうかを確認できる「PC正常性チェックアプリ」が、Microsoftの公式サイトから、ダウンロードできます。

「PC正常性チェックアプリ」は公式サイトの上記ページ「アプリをダウンロード>」から入手 (出典:Microsoft

 

まとめ

Windows 11では、Windows Updateが40%小さくなり、バックグラウンドでより効率よく実行されるそうです。アップデートのたびにイライラすることがなくなりそうですね!

出典: The Verge, Xbox Wire



Comments are closed.