大手仮想通貨取引所「コインベース(Coinbase)」がNFTマーケットプレイス開設予定 2021年内に 

tag:, ,


アメリカ・サンフランシスコ発の「コインベース(Coinbase)」は、2012年創業の米国最大の仮想通貨取引所です。
現在100カ国以上で展開しており、6800万のユーザーアカウントを保持。他の仮想通貨取引所と比べても圧倒的な利用者数です。
人気の理由は、セキュリティの高さや初心者でも分かりやすいアプリの使いやすさにあります。
ちなみに日本では、2021年8月から、仮想通貨(暗号資産)取引サービスを開始しています。


そのコインベースが、NFTを売買・発行できるプラットフォーム「Coinbase NFT」の開設を2021年末までに予定していることを発表しました。


 

「Coinbase NFT」のコンセプト

「Coinbase NFT」 について、「コインベースがかつて、何百万もの人たちが簡単に、そして信頼できる方法でビットコインにアクセスするのを手助けしたように、NFTについても同じことをやってみたいと思う」とコインベースのプロダクト副リーダーのSanchan Saxena氏が述べています。

その構想には、ユーザーのパーソナル・フィードのキュレーションも含まれ、所有するNFTがプロフィールに表示され、趣味嗜好が同じユーザー同士で交流できるような仕組みも検討中のようです。

 

対応ブロックチェーン

サービス開始後は、イーサリアム(Ethereum)のERC-721、ERC-1155規格に対応予定、全NFTがオンチェーン、マルチチェーン対応も計画しているとのこと。

米ニュースサイトのTechCrunchは、「Coinbase NFT」計画案には、Layer2スケーリングソリューションが含まれていないことを指摘しています。このソリューションは、イーサリアムのブロックチェーン上での取り引きで発生する費用や環境への負荷を削減できるとして、注目されている解決方法です。

 

メールアドレス登録受付中

「Coinbase NFT」の事前登録が受付中です。現時点では、サービス対象地域はアメリカのみですが、メールアドレスを登録しておけば、地域が追加された際に情報が得られるようです。

Coinbase NFT サイト

 

まとめ

NFTのマーケットプレイスと言えば、OpenSeaが有名ですが、新たに「コインベースNFT」が参入すれば、NFT市場が拡大・活性化し、よりよいサービスの登場が期待できそうですね!

 

出典:The Verge


Comments are closed.