「ポケモンGO」のAR技術を利用した「Fold AR」はビットコインを集めるゲーム β版公開

tag:, , ,


全世界で合計10億回以上ダウンロードされているスマホアプリゲーム「ポケモンGO」
その開発会社の1つ、AR(拡張現実)テクノロジー企業のNiantic(ナイアンティック)が、新しいARゲーム「Fold AR」のベータ版をリリースしました。
ビットコインがキャッシュバックされる決済アプリで知られるFoldと共同開発。
モンスターの代わりに、ビットコインを集めるゲームです!

メールアドレスを登録するとアプリリリース情報が届く(出典:Fold

 


 

「Fold AR」とは?

「Fold AR」は、一種の拡張現実(AR)環境の中でビットコインを獲得できるゲームです。
元々は「ビットコイン獲得が目的の『ポケモンGO』を作ろう」というアイディアをきっかけに始動したプロジェクトですが、最終的には「ビットコインを共有・交換できる新しい方法を構築しよう」というコンセプトに至りました。


ベータ版「Fold AR」は、「Fold App」内で利用可能です。Nianticのリアルワールドマッピング技術を利用し、AR体験を提供します。プレイヤーは現実世界を探索することで、ビットコインやアプリ内報酬を獲得することができます。

10分ごとに新しいブロックがプレイヤーの周辺に登場し、そのブロックを開けることでさまざまな報酬の獲得が可能になります。

報酬の例として、satoshi(ビットコインの最小単位)単位のビットコイン、報酬を増やすことができるスピン、ゲーム時間延長、有害なアイテムからプレイヤーを守ってくれるオレンジピルなどがあります。

有害アイテムの例としては、shitcoinやポイズンピルなど、獲得したビットコインが奪われたり、一定時間ゲームができなくなるアイテムがあります。

AR_UX_Walkthrough.png
出典:Fold

 

今後の展開

β版では一部の機能のみ公開されており、全機能が利用できるのは2022年になるとのこと。
各プレイヤーがビットコインや他の報酬を現実世界で発見、交換、隠すことができるようになったり、また企業がコミュニティメンバーとのつながりを強化するためインセンティブや割引等を提供できるようになる予定。

 

まとめ

今回のゲームは、Foldのアプリをダウンロードできる地域で利用可能ということで、残念ながら日本では利用できません(本稿執筆現在)。
FoldのCEO、Will Reeves氏は「将来的に利用できる地域を増やしていく」と述べているので、日本でも利用できる日は近いかもしれません。

出典:Fold


Comments are closed.