スマートプランター「Ivy」を使えば観葉植物の気持ちが分かる

tag:, ,


クラウドファンディングサイトIndiegogoでInDemand* 出品中の「Ivy」は、スクリーン付きの観葉植物用プランターです。スクリーンには動きのある表情が表示される他、AIチップも搭載されており、ペットと同じように遊ぶことができるスマートデバイスです!

*InDemandとは?
Indiegogoサイトにおけるクラウドファンディング終了後に引き続き販売できる機能。

 


 

PLANTSIO Ivy – Smart Flowerpots, Endless Fun

 

Ivyとは

Ivy開発の究極の目標は、「植物の自己表現を進化させること」にあります。
そのため、70を超える表情パターンが搭載されており、表情によって何を必要としているのかを、オーナーにわかりやすく伝えることができます。
また、AIにより、Ivyはオーナーとの交流を通じて、個性を形成します。つまり、同じIvyは存在せず、世界でただ1つしかない自分だけのIvyということ。

 

Ivyのリアクション

 

光がほしいとき

暗い部屋の中で憂鬱な表情をしているIvy。(↓)

出典:Indiegogo

カーテンを開け、光を当てると笑顔になりました!

出典:Indiegogo

 

うれしいとき

タッチセンサーが内蔵されており、Ivy本体や観葉植物の葉にふれると、とってもうれしい表情をみせます。

出典:Indiegogo

振動センサーも内蔵されていて、退屈そうにしているとき、近くをコツコツたたいて構うこともできます。

出典:Indiegogo

 

スマートホームデバイスとの連携

スマートホームデバイスとの連携も可能。葉っぱを室内照明のオン・オフスイッチに設定することもできます。

出典:Indiegogo

 

初心者も無理なく育てられる

Ivyは、7つのセンサーと、植物に関するクラウド型データベースが内蔵されており、その植物が必要としているものを分析できます。さらにAIシステムとの連携によって、植物が必要としているものを表情を通して伝えます。

内蔵センサーは7つ(水位、光、振動、空気湿度、温度、タッチ、土壌水分)
自吸灌漑システムにより、水やりの頻度が少なくてもOK

 

気になる価格は?

IndiegogoのInDemand出品中の現在、27%オフの約9,690円で「Ivy」1セットをゲットできます(日本への送料込、本稿執筆現在)。

「Ivy」のセット内容

 

まとめ

「枯らせたくない」と観葉植物を育てるのを躊躇している人も、Ivyがあれば安心して育てられそうですね!
ちなみに、27%オフの特別価格でゲットできるのは残り4セットとなっています(2022年3月9日現在)。


Comments are closed.