「スターリンク」スターターキットと月額料金を値上げ その背景

tag:,


ウクライナの副首相兼デジタル・トランスフォーメーション担当大臣のムィハーイロ・フョードロフ氏が、ウクライナで衛星インターネットサービス「スターリンク」(Starlink)を使えるようイーロン・マスク氏に依頼し(↓)、ウクライナでも「スターリンク」が利用できるようになってからおよそ1か月。

 

3月13日(日)(現地時間)には、「スターリンク」のスマートフォン用アプリの全世界のダウンロード数が、たった1日でウクライナを中心に2万1000回にのぼったとのこと(App Store と Google Playの合計)。
また、ウクライナのApp Store と Google Playでの同アプリの累計ダウンロード数は、98,000回に達したことが報じられています。

そんな中、「スターリンク」の利用開始時に購入が必要なスターターキットと、月額利用料金が値上げされることが発表されました。
ロシアのウクライナ侵攻による原油価格上昇や、中国の新型コロナウイルス対策によるサプライチェーンの混乱への懸念により、インフレがさらに悪化する可能性があり、このインフレ上昇への対応が目的とのこと。

 


 

スターリンクとは

SpaceXが提供

2002年にイーロン・マスク氏が設立した宇宙開発企業「SpaceX(正式名はSpace Exploration Technologies Corp.)」。火星の植民地化を目指し宇宙輸送コストの削減を目的として、宇宙ロケットや衛星の製作、宇宙輸送サービス、衛星インターネットサービスを展開しています。


「スターリンク」は、SpaceXのビジネスの1つで、1万機を超える人工衛星を打ち上げ、それらを連携させることで世界の人々にインターネット接続を提供します。
インターネットのない生活はもはや考えられない人々がいる一方で、世界の約半数の人々は、未だインターネットに接続することができない状況にあります。未開拓のインターネットユーザーを確保しようと、世界中の会社が衛星ブロードバンド事業に投資していて、スターリンクもその1つ。

https://www.starlink.com/

 

サービス提供地域

現在「スターリンク」はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア等で利用可能で、日本は現時点では衛星ネットワークの範囲外です。

スターリンク衛星(白点)の飛行がライブ表示されるサイト。赤点は地上ステーション。サービス提供地域は緑囲みのエリア。
 (出典:https://satellitemap.space/# )

 

スターターキット

サービスを利用開始時、事前に購入が必要なスターターキットには、スターリンク衛星の電波を受信するディッシュ(フラットパネルアンテナ)、ルーター、接続コードが含まれています。

スターターキットの内容(出典:https://www.starlink.com/kit

契約後、アプリをダウンロードし、必要な手順を完了すれば利用開始できるようです。

 

価格改定後について

スターターキットは499ドル→599ドルに、月額料金は99ドル→110ドルになるようです。


なお、ユーザーへスターリンクの値上げを通知する電子メールで、システム全体の改善点について、「2020年10月にパブリックベータサービスを開始して以来、スターリンクチームは軌道上の衛星の数を3倍にし、地上局の数を4倍にし、ネットワークを継続的に改善しました」と述べています。
さらに「今後、ユーザーはスターリンクにおいて継続的なネットワークの改善と新機能の追加を維持することを期待できます。」と今後のサービス向上についても記載されています。


まとめ

ウクライナの副首相ムィハーイロ・フョードロフ氏からの要請後、数時間後にスターリンクを提供開始したSpace Xの対応に称賛の声が多数寄せられています。
さらに、3月22日(現地時間)、Space Xがウクライナへ何千ものスターターキットを送ったことも報じられていて、今回の値上げはやむを得ないと思うユーザーも多いのではないでしょうか。

出典:The Verge

アイキャッチ画像:Image by Architect and artist from Pixabay


Comments are closed.