【おむすびチャンネル】オンライン英会話でウクライナ避難民に新たな収入機会を提供

tag:,


ライブ配信型の国際交流コミュニティ「Ch-OMUSUBI(以下、おむすびチャンネル)」を運営する株式会社FJC(東京・豊島区)は、ロシア侵攻によるウクライナ避難民急増を受け、おむすびチャンネルを活用し、ウクライナ避難民に対する新たな収入機会を提供します。

 


 

「おむすびチャンネル」とは

「おむすびチャンネル」は、コロナ禍およびアフターコロナにおける新たな国際交流を目的としたライブ配信型国際交流コミュニティです。

配信者は?

配信者は「日本語を学習する外国人」や「海外で活躍する日本人」等で、海外に関心をもつ人(主に日本人)が視聴者として参加します。コメント機能によりリアルタイムで交流可能。また、投げ銭機能を使って、配信者を応援することができます。

おむすびチャンネルサイト

利用料金は?

視聴するには、月額プラン(月額750円)の購入が必要です。月額課金制によって、悪質なユーザーの流入を抑止する目的とのこと。
リリースから約3ヶ月経過し、有料会員数は既に1万5千名を超え、世界73ヶ国から約300名の配信者が集まっています。

英語を学ぶ機会として

「おむすびチャンネル」には英語で話す配信者が一定数おり、英語を学びたい視聴者にとっては、英語リスニング能力やライティング能力を鍛える場にもなります。

サービスの特徴・仕組み
おむすびチャンネルの概要(出典:PR TIMES

 

ウクライナ避難民による英会話プロジェクト

避難生活の長期化

ロシアによるウクライナ侵攻以降、ポーランド等のウクライナ隣国では、避難民に対する住居提供や物資提供といった支援が続いています。
その一方で避難生活が長期化しつつあり、ウクライナ避難民にとっての安定した収入を得る機会や仕事が不足する問題が出てきています。

英語で配信して収入を得る機会に

各国に避難したウクライナの人々は日本語はできないけど、英語なら話すことができる方が多いという状況です。

そのようなウクライナ避難民の人々が、おむすびチャンネルに配信者として登録し、英語で配信することにより新たな収入を得られるようなスキームを構築しています。

配信の様子
配信の様子(出典: PR TIMES

配信時間による報酬を追加

ウクライナ避難民に限り、投げ銭等による成果型報酬に加え、配信時間による報酬を付与し、投げ銭等による成果型報酬が少ない場合でも、一定額の収入が得られるようにしています。

日本をより身近に

また、単に収入機会を得るだけでなく、日本語や英語のスピーキング能力の向上につながります。さらに、日本人視聴者との交流を通じ、日本をより身近に感じる機会になり得ます。

現在の登録配信者数

現在、約15名のウクライナ避難民の方々がおむすびチャンネルで配信者登録していますが、続々と新規申請が届いているとのこと。

 

まとめ

ウクライナ避難民に対してできることを探している人にとって、「おむすびチャンネル」なら気軽に支援できますね!支援だけでなく、国際交流も実現できるので、末永く続けられそうです。

 

出典:PR TIMES

アイキャッチ画像:Image by Alexandra_Koch from Pixabay


Comments are closed.