Apple「ロックダウンモード」を発表 次期OSに導入

tag:,


Appleは7月6日(現地時間)、非常に高度な新セキュリティオプション「ロックダウンモード」について明らかにしました。この「ロックダウンモード」は、国が後援する傭兵スパイウェアからユーザーを保護するために設計された、ハードコアセキュリティオプションです。

 


 

対応OS

ロックダウンモードはiOS 16、iPadOS 16、macOS Venturaに搭載予定。
以前からセキュリティの強化が伝えられていた次期OSバージョンです。
パスワードをパスキーに置き換える他、家庭内暴力に苦しむ人々を支援することを目的とした緊急機能も導入されます。

 

想定ユーザー

ロックダウンモードは、NSOグループや他の民間企業など、最も高度なデジタル脅威の標的となる可能性のあるごく少数のユーザーを想定しています。具体的には、ジャーナリスト、活動家、人権擁護者、政治家などの人々です。

An iPhone screen shows the new Lockdown Mode capability and asks the user if they want to turn it on.
出典:Apple

 

有効にするとどうなる?

オンにすると表示される警告メッセージの通り、ロックダウンモードを有効にするとユーザーエクスペリエンスにかなりの制限がかかり、多くの機能が完全に利用できなくなります。危険にさらされる可能性のあるさまざまなプロトコルとサービスが無効になります。
まず、ジャストインタイム(JIT)JavaScript(実行時にデバイスでコードをコンパイルすることでパフォーマンスを高速化する)はまったく実行されなくなります。これは、JITスプレー攻撃に対する防御メカニズムである可能性があります。
また、組織固有のソフトウェアのインストールに使用されるモバイルデバイス管理(MDM)システムに端末を登録できなくなります。

さらに、以下が制限されます。

・ほとんどのメッセージ添付ファイルタイプ(画像を除く)はブロックされます。
・ユーザーが開始しない限り、FaceTimeを含む着信の招待とサービスリクエストは停止されます。
・iPhoneがロックされると、コンピューターまたはアクセサリとの有線接続がブロックされます。

 

ロックダウンモードの重要性

Appleはロックダウンモードの欠陥を見つけた研究者に、最大で200万ドル(約2億7200万円)を支払うと発表しており、強固なセキュリティが確保される点において、称賛に値します。
また、Appleの顧客が傭兵スパイウェアの危険にさらされていることを認めたこと自体が大きな一歩です。今回のロックダウンモードは、業界で有益な議論を開始し、機能をさらに強化することにつながる可能性があります。たとえば、次のステップとして、スマートフォンのカメラ、内蔵マイク、GPS機能の無効化も考慮されるかもしれません。 Googleや他の企業がこの動きに同調することも考えられます。

 

まとめ

「ロックダウンモード」は、強固なセキュリティと引き換えに、便利さを大胆に犠牲にするオプションで、いまだかつてないレベルのセキュリティオプションが何百万人ものiOS 16ユーザーに提供されることで、セキュリティ分野にどのような変化をもたらすか注目したいですね!

 

出典:TNW


Comments are closed.