Google「Read Along」ウェブ版をリリース バーチャルアシスタントが英語絵本の音読をサポート

tag:,


Androidアプリの「Read Along」は、バーチャルアシスタントのDiyaが子どもたちが絵本を音読できるようにサポートしてくれるアプリです。2019 年のリリース以来、3,000 万人以上の子供たちに使用されています。

Googleは、この「Read Along」のWeb版をリリースしました。 ウェブサイトはまだベータ版ですが、利用可能です。デスクトップへの移行により、多くの子供たちがより大きな画面で読むことができるようになります。

 


 

「Read Along」とは

「Library」には、読解レベルごとに、何百ものイラスト付きストーリーが用意されています。

https://readalong.google.com/

ストーリーを選択し、デバイスのマイクに向かって音読を開始します。読み終わった単語は青色で表示されます。

発音を間違えた単語は赤色の点線が引かれます。(↓)
下線の付いた単語または発音が分からない単語をクリックすると、バーチャルアシスタントの Diya がその単語を発音します。

 

発音をまちがえた単語に赤線表示

その後、Diyaのよびかけ “Read this out loud.”(声に出して読んでみてください。)に続いて発音すると、”Well done.”(よくできました。)等、コメントが返ってきます。

「Prizes」ページでは、音読によって得られる星のスコア、読み終わったストーリーの冊数、1日10分の音読時間達成等によってゲットした賞が確認できます。

「Prizes」ページ

 

対応ブラウザ、言語

対応ブラウザは、Chrome、Firefox、Edge ですが、他のブラウザ (Safari を含む) も間もなく対応すると のこと。

またストーリーでの使用言語は、英語、ヒンディー語、グジャラート語、ベンガル語、テルグ語、マラーティー語、タミル語、スペイン語、ポルトガル語に対応しています。

 

追加予定のコンテンツ

Google はまた、子供向けビデオ クリエーターの USP Studios と ChuChu TV のコンテンツ、教育会社 Kutuki のアルファベットとフォニックスの本を、新しいストーリーとして追加しています。これは2022年後半にWeb版と Android版の両方で利用できるようになる予定です。

 

まとめ

「Read Along」は英語を勉強したい子どもだけでなく、大人にとっても気軽に利用できるウェブサービスですね!バーチャルアシスタントのDiyaから、いろいろなフィードバックが返ってくるので、学習意欲も維持できそうです。

出典:The Verge


Comments are closed.