Microsoftのスマートウォッチ 特許認可される

tag:


Microsoftが2012年に提出したスマートウォッチの特許が先週認可された。センサー搭載で、バイオメトリックパラメーター(例えば心拍数)を計測できるようだ。シンプルなインターフェースで、走行距離を示したり一般的なフィットネス用アプリという感じ。
バンドとコンピューティング部分を分離できる。Sony Coreも同様であるが、Microsoftの方は「タッチ画面」や通信用インターフェース(スマートフォンに接続しデータ送信可)を備え、Sony Coreより明らかにインタラクティブ(コンピューターと対話するような操作が可能)である。
ドック経由で充電可能。またドックを90度回転させてスタンドとして利用もできる。
このウォッチのデビュー時期は不明だが、早くて今秋であろう。(300文字)

source: http://mashable.com/2014/05/07/microsoft-smartwatch-patent/


Comments are closed.