「PITTA」はアクションカメラやセキュリティカメラにもなるドローンカメラ

tag:,


現在クラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集中の「PITTA」はポケットサイズながら、ドローンカメラとしても、アクションカメラとしても利用できる4Kビデオカメラです。

 

PITTA – Transformative Autonomous 4K Selfie Drone | https://www.kickstarter.com/projects/1627662609/pitta-transformative-autonomous-4k-selfie-drone?ref=discovery


 

小さいけれど多目的に使える

「PITTA」の本体サイズは約17cm(プロペラ装着時の対角線の長さ)、重量は200gと軽量です。手のひらサイズながら、3種のカメラに変形できるそうです。

 

ドローン撮影

ドローン撮影時には、カメラ本体をドローンモジュール(下図の左)に磁石で留めるだけ。15分間連続飛行可能。

左からドローンモジュール、カメラ本体、アクションカメラモジュール、充電クレードル。

 

自動追跡機能をオンにして、すぐに撮影を開始することもできます。

ドローン撮影には、GPS、地形認識、ホバリング、旋回、自動追跡、自動着陸、帰還、360度パノラマ撮影等の機能搭載。

 

アクションカメラ撮影

アクションカメラモジュールを使えば、標準的なマウントに取り付け可能。

 

 

ホームセキュリティカメラとしても利用可能

充電クレードルにセットし、「PITTA」の電源をオンにしておけば携帯端末に撮影動画がストリーミングされます。

 

「PITTA」専用アプリ

「1クリックフライングモード」と「自動追跡機能 (Auto Follow)」を使えば、初心者でも簡単にドローンを飛ばし撮影を開始できます。また、マニュアルフライトインターフェースを使えば、微調整も可能。

 

気になる価格は?

クラウドファンディングサイトKickStarterで出資者募集中の現在、294ドル(約32,716円、日本への送料込)以上の出資でベーシックセット(カメラ本体、モジュール1式、充電クレードル、アダプター、ギフトボックス、マニュアル)を1セットゲットできます。発送は2018年5月の予定。


Comments are closed.