超小型ノートPC「GPD Pocket」の進化版が登場

tag:,


2017年にクラウドファンディングで資金調達に成功している「GPD Pocket」の進化版、「GPD Pocket 2」が現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集中です。MacBookレベルのプロセッサーおよびWindows 10を搭載。 Microsoft new Surface Pro (Core-m3)を超える性能試験結果も出ているようです。

GPD Pocket2: 7.0′ UMPC-Laptop ‘WIN 10 OS’ | https://www.indiegogo.com/projects/gpd-pocket2-7-0-umpc-laptop-win-10-os#/

 

「GPD Pocket 2」改良点

全世代より薄くなり、一番薄いところで 8mm、前世代の半分以下になったそうです。重量も15g 軽くなりました。画面は7インチ。

 

「GPD Pocket2」は、キーボードレイアウトをより使いやすく配置しています。また、キーの指に触れる面積が広くなりました。

新しい廃熱システム(アクティブな冷却システム)を採用し、高い放熱効率を実現し、熱による性能低下を抑えます。またボタン1つで、冷却ファンの動作を切り替え、高性能モードと低騒音モードを切り替えることができます。

マルチタッチディスプレイ搭載。

 

気になる価格は?

Indiegogoで出資者募集中の現在、609ドル (約67,618円)以上の出資で、「GPD Pocket 2」(8GB / 128GB)が1台ゲットできます。廉価版(4GB / 128GB)は、529ドル(約58,735円)。発送は2018年10月の予定。


Comments are closed.