中国語を教えてくれるスマートスピーカー「Lily」

tag:,


現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集中の「Lily」は中国語を話せるようになりたい人必見の、中国語を教えてくれるスマートスピーカーです。

Lily: The 1st smart speaker that teaches Chinese | https://www.indiegogo.com/projects/lily-the-1st-smart-speaker-that-teaches-chinese#/

 

「Lily」に直接話しかけることで、中国語が上達します。テキスト不要。「Lily」に普通に話しかければ、音声認識技術を用いてユーザーの発話を理解し、応答してくれます!

 

中国語への翻訳も即座に応答。

「『お腹が減った』を訳してくれる?」に対して応答しているところ。

 

タブレットを使ってゲームをしながら中国語の単語を覚えることもできます。ゲームの種類も豊富で飽きないよう工夫がされています。

画面の動物を中国語で答えるゲーム。

 

日常的に必要な情報(天気予報、ニュース、カレンダー、子ども向けの話等々)の言語設定を中国語にすることで中国語の環境を気軽に日常に取り込めます。

英語で質問すると、中国語で返答が返ってくる。

 

アプリを使えば、ピンイン(中国語のローマ字による表音表記)と文字の確認ができます。

 

また発音チェックも可能。発音がよくない単語が赤色で表示され即座にチェックできます。

 

またプロの中国語指導者とのコラボにより、各自の目標達成用のトレーニングプログラムも開発。初心者から上級者までどのレベルの学習者でも上達できるよう、学習者のレベルを把握し、最適な学習レベルをカスタマイズします。

中国語検定(HSK)の各レベルにおける語彙量。

 

2019年にはフランス語やスペイン語も追加する予定で、ソフトウェアをアップデートすれば言語の追加ができるそうです。日本語対応も期待したいところです。

 

気になる価格は?

Indiegogoで出資者募集中の現在、129ドル+日本への送料35ドル、計164ドル(約18,558円)以上の出資で「Lily」をゲットできます。発送は2019年3月の予定。

 


Comments are closed.