「Pivo」で簡単におもしろ動画を撮影できる

tag:,


現在クラウドファンディングサイトIndiegogoでInDemand(インデマンド)*出品中の「Pivo」は、だれでも簡単に面白い動画や画像を作成できるポッドのようです。

*InDemand(インデマンド)とは?=Indiegogoサイトにおけるクラウドファンディング終了後に引き続き販売できる機能。目標金額の調達に成功したプロジェクトのみ利用可能。

 

Pivo | https://www.indiegogo.com/projects/pivo-get-insanely-creative-gifs-photos-videos–2#/

 

主な撮影機能は以下の通り。

Versus Mode

ラップバトルのような動画が撮影可能。

 

ManyMe

分身の術のように、1つの画像に同じ被写体を複数登場させることができます。

 

Perfect Panorama

パノラマ撮影も簡単に。

 

Tiny Planet

小型の地球のような写真も撮影可能。連続撮影した18枚の画像から作成されるようです。

 

他にも Motion Timelapse機能や、

 

レンズが他へ向いたと思ったら、即また戻ってくるDoubleTake機能。

 

50/50機能は、半分は静止画、もう半分はGIF動画という画像を作成できる機能。

 

Flash機能は、2つの動画をくっつけて瞬間移動的な動画を撮影できる機能。

 

Flash機能の使い方はこちらから。

 

追跡撮影の場合は、インカメラ・アウトカメラ両方で4m先まで撮影可能。

 

気になる価格は?

IndiegogoのInDemand出品中の現在、79ドル+日本への送料8ドル合計87ドル(約9,409円)で「Pivo」がゲットできます。発送は2019年5月の予定。


Comments are closed.