2019年ゴールデンウィークは10連休! パスポート用写真作成におすすめアプリ

tag:,


家族全員のパスポート写真を店舗で用意すると結構な出費に。特に小さい子供の場合、自宅で完結できるアプリがあれば便利です。 証明写真作成アプリは星の数ほどありますが、パスポート用写真を自宅プリンタでLサイズ用紙に印刷できるアプリとなるとなかなか…。
そこでおすすめしたいのは無料Androidアプリ*「証明写真アプリ」(siranet)です。 *2019年3月現在 iOS非対応

 

 

パスポート用写真の規定は?

写真サイズは45ミリメートル×横35ミリメートル(ふちなし)、 さらに「顔の縦の長さは、写真縦の70~80%(34±2ミリメートル)であること」と規定されています。

 

「証明写真アプリ」の使い方

①写真の準備:撮影済みの写真から選択またはカメラで撮影します。

 

②サイズを指定:パスポートサイズの他にも、履歴書、運転免許等の選択も可。

 

③枠に合わせて微調整:自由に動かせる定規の他、顔写真用のガイド線もボタンタップで表示されます。ピンチ操作で拡大・縮小も可能!

 

④実寸表示で最終確認:明るさやコントラストが調整できます。肌補正では、しみやそばかすを消すことができます。([Original]ボタンをタップすると、修正前後を簡単に比較できます。)

 

⑤枚数を指定:Lサイズ用紙(89mm×127mm)にプリント数を指定します。「完成イメージ」で印刷プレビューが表示されます。

「プリント写真を作る」ボタンタップで、データがダウンロ-ドされる。

 

パスポート申請の結果

3人のうち1人はOK、残り2人は画質がイマイチなので、「申請は受理しますが、出入国審査で時間がかかるかもしれないです」という結果に。サイズ規定は問題なくクリアできました。


Comments are closed.