バッテリー持続時間が世界最長のスマートフォン「P18K」

tag:,


世界最大規模の携帯通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス2019」(MWC 2019)で注目を集めた、アメリカの大手電池メーカーEnergizer社のスマートフォン「P18K」 。本体の厚みが22mm、18,000mAhバッテリー搭載という破格ぶりにYouTubeでの紹介動画は再生回数700万回を超えたそうですが、その「P18K」が現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集中です。

P18K: The World’s Longest Lasting Smartphone | https://www.indiegogo.com/projects/p18k-the-world-s-longest-lasting-smartphone#/


 

バッテリーのもちは驚異的

18,000mAh のバッテリーを搭載しているため、一度の充電で通話は90時間、音楽再生は100時間、動画視聴は2日間可能とのこと。待受時間は50日間!

 

その他、MediaTekの2GHz CPU搭載、6GB RAM、6.2インチFHD LCDスクリーン、12メガピクセルのトリプルレンズカメラ、デプス(深度)センサー、ポップアップ式のセルフィーカメラ。

 

気になる価格は?

現在Indiegogoで出資者募集中の現在、549ドル+日本への送料20ドルの合計569ドル(約62,887円)以上の出資で「P18K」を1つゲットできます。発送は2019年10月の予定。

 

出資者が集まっていない…

注目度の高い「P18K」ですが、残念ながらIndiegogoでの出資者は2019年3月28日現在わずか7名で、調達金額は目標額の1%にも満たない状態となっています。出資応募期限まで残り33日。製品化に至るかどうか、今後に注目です。


Comments are closed.