「android.process.acore」エラー AQUOS SH-RM02で3回経験して解決した方法

tag:


Androidのスマートフォンで、画面をタップするたびに「問題が発生したため、プロセス『android.process.acore』を終了します」というメッセージが繰り返しポップアップ表示されて困っている方へ。このストレス極まりない事態をシャープ端末(SH-RM02)で3回経験し、実際に解決できた方法をご紹介します。

 

エラーが発生した機種ときっかけ

機種:

シャープ製端末 SH- RM02  (Androidバージョン5.0.2)

エラー発生のきっかけ:

1回目→「楽天マイページ」アプリのインストール後。
2回目→「amazon プライムビデオ」アプリのインストール後。
3回目→「Viber」アプリ削除後。

 

結論:原因も解決方法もいろいろある

自分の実体験およびインターネット上の情報から、このエラーが発生する原因は様々であるため、解決方法もいろいろとあるようです。なので、以下の方法を、1つずつ試してみましょう。

 

端末を再起動する

(1) 電源ボタンを数秒押します。
(2) 「再起動」の表示をタップします。

セーフモード状態にしてみる

セーフモードは、スマホの一時的な不具合の原因を探るためのモードです。以下の方法でセーフモードにします。

(1)電源ボタンを数秒押し、「電源を切る」の表示を長押しします。
(2) 「セーフモードで起動」と表示されたら「OK」をタップします。
(3) 再起動してセーフモードで起動。
(4) android.process.acoreが表示されないかを確認し、通常モードに戻します。
(5) 通常モードに戻すには、「電源を切る」をタップ、通常通り起動すればOK。
起動後、表示されなくなれば見事解決!です。

電話帳アクセスモニターで、すべて「アクセスを禁止する」に変更

(1)[設定] > [ロックとセキュリティ] > [電話帳アクセスモニター]で、電話帳にアクセスするアプリが表示されます。
(2)すべて「アクセスを禁止する」に変更します。

電話帳にアクセスするアプリを削除、再インストール

Twitter、Facebook、LINE、Skype、Messenger、楽天電話アプリなど、「連絡先と連動するアプリ」をいったんアンインストールし、再インストールします。  

キャッシュをクリア(削除)する

◆Android 8.0未満の場合: 以下の方法で、キャッシュを一括削除できます。

(1)[設定] > [ストレージ(またはストレージとUSB)] > [キャッシュデータ]を選択します。
(2)すべてのアプリのキャッシュデータを削除します。

◆Android 8.0以降の場合: 以下の方法で、アプリごとにキャッシュを削除できます。

(1)アプリアイコンを長押ししてショートカットを表示します。
(2)[アプリ情報] > [ストレージ] > [キャッシュを削除]を選択します。

 

メディアストレージをリセット

(1)[設定] > [アプリ] > [すべてのアプリ] または [システムアプリ]等 > [メディアストレージ]を表示します。次に以下の(2)または(3)を実行します。
(2)[無効にする] > [強制停止] > [有効にする] でリセット完了。
(3)または[ストレージ] > [データを消去] および [キャッシュを削除] を選択。

ダウンロードマネージャーをリセット

(1)[設定] > [アプリ] > [すべてのアプリ] または [システムアプリ]等 > [ダウンロードマネージャー]を表示します。
(2)[ストレージ] > [キャッシュを削除] を選択。

 

Google Play開発者サービスの「アップデートのアンインストール」と「キャッシュ削除」を実行

(1) [設定] > [アプリ] > [Google Play開発者サービス] で、[キャッシュ削除]および[アップデートのアンインストール]を選択。
※もし上記の[アップデートのアンインストール]がグレーアウトして選択できない場合は、以下の方法。
 →[設定] > [ロックとセキュリティ] > [デバイス管理機能] の [デバイスを探す]  をオフにします。
(2) (1)の作業後、「[Google Play開発者サービス]アプリを更新してください」といった内容の通知が多数届くので、そちらをタップし、アップデートします。

 

端末リセット(初期化)する

(1) [設定] > [バックアップとリセット]等 > [データのリセット]や[データの初期化]等を選択。
なお、初期化をする場合には、事前にmicroSDカード等を使用してデータのバックアップを取っておきましょう。

 

まとめ

結局、3回のエラーのうち1回目は、インストール直後にエラーが発生した「楽天マイページアプリ」を削除して解決できました。2回目は、Google開発者サービスの「アップデートのアンインストール」と「キャッシュ削除」で解決。3回目はいろいろ試しましたが、結局、初期化で解決しました。お気に入りのアプリの再インストールする等手間はかかりますが、初期化によってこのエラー問題が解決し、さらにスマホデータの断捨離にもなり、すがすがしい気持ちになれました。軽くなった分、スマホの動作も軽快になったように思います。最適化されたということでしょうか。とはいえ、4回目のエラーが発生しないことを祈っています…。


Comments are closed.