指紋認証で一瞬で開錠できる「TRAVELOCK2」なら鍵をなくす心配なし

tag:,


現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集の「TRAVELOCK2」は、指紋認証で開錠できるスマートロックです。2018年10月に実施したクラウドファンディングで製品化された「TRAVELOCK」の進化版です。

TRAVELOCK2:The Smart TSA Fingerprint Lock | https://www.indiegogo.com/projects/travelock2-the-smart-tsa-fingerprint-lock–2#/

 

 

「TRAVELOCK」とは?

「TRAVELOCK」は指紋認証で開錠できる鍵です。指紋が鍵代わりになるので鍵をなくす心配がありません。指紋は10人まで登録可能なので、家族での共用もできて便利です。

また、IP65準拠のため粉塵や水による悪影響がないので、戸外での施錠にも安心して使えます。

260mAhの内蔵バッテリー 、0.5μmの省電力消費により、1度の充電で1年間使用可能(約5000回の施錠/開錠に相当)、2年間待受可能とのこと。

シャックル(U字型金具)は最大の耐久性、強度をもつといわれる304ステンレス鋼で作られています。耐荷重は100kg、5,000Nの牽引にも耐えます。なので切断することはできません。

 

指紋認証の安全性は?

便利な指紋認証ですが、指紋はコップやかばんなど、身の回りのものから簡単に採取できます。実際に、指紋を採取された複製を複製し、認証を突破された被害も報告されています。

 

「TRAVELOCK」の認証技術は安全?

「TRAVELOCK2」に搭載の指紋認識技術では、解像度508 DPIの緻密さで指紋構造を認識します。そのため、シリコーン等で偽造した非指紋には反応せず、生きた人間の指紋にのみ反応します。ちなみに10人分の指紋登録が可能。

指紋を読み取り後、ポップアップでロック解除。

 

「TRAVELOCK2」の改良点は?

「TRAVELOCK」は製品化後、ユーザーレビューを見る限り好評のようですが、「TRAVELOCK2」はさらに使いやすい機能を追加したようです。

via: https://shoppavillion.com/collections/frontpage/products/travelock-the-ultimate-smart-fingerprint-lock

 

スムーズな開錠

先行版と同じく指紋をかざして約0.5秒で開錠できますが、「TRAVELOCK2」はポップアップで開錠するので、片手での操作もスムーズに。

 

アメリカ入国時に使えるTSAロック

「TRAVELOCK2」は、アメリカ運輸保安局 (TSA)から特別に認可・容認されているTSAロックとして認証されています。

TSAロックとは?

同時多発テロ後、アメリカ入国時のセキュリティチェックが厳格化し、空港で荷物を預ける際に鍵をかけないことになっています。万が一鍵をかけたまま荷物を預けると、鍵を破壊され荷物の中を検査される可能性もあるとのこと。一方、TSAロックの場合はTSA職員が特殊なツールで開錠、検査後は施錠して返却してくれる規則になっているので安心です。つまり「TRAVELOCK2」を使えば、ロックした状態で荷物を預けられます。

赤い菱形のTSAマークがついている。

 

「TRAVELOCK2」のおすすめの活用法

アメリカへ旅行する時に、TSAロックがついていないスーツケースやバッグに「TRAVELOCK2」を使って施錠することで、手荷物を預けることができます。TSAロック対応のスーツケースを買い替える必要がなくなるので助かりますね。
ちなみに南京錠が通せるタイプのバッグであれば、どんなバッグでも「TRAVELOCK2」が使えます。

また、指紋認証であるため、鍵を探したり取り出したりといった手間暇なくさっとバッグの開け閉めができるのも便利です。さらには家族分の指紋を登録しておくことで、鍵の場所の確認をすることなく、必要な時に各自スーツケースを開けられることも、家族旅行の時には重宝しそうです。さらには、自転車の鍵として「TRAVELOCK2」を使えば、家族で自転車を共有する時にも便利に使えそうです。

気になる価格は?

Indiegogoで出資者募集中の現在、49ドル(約5,296円)以上の出資で「TRAVELOCK2」が1つゲットできます。発送は2019年10月の予定。


Comments are closed.