不要品をあげる・もらうができるアプリ「Ageru」でエコに貢献

tag:, ,


DADAが10月29日、自宅にある不用品を“あげる”、“もらう”ことができるアプリ「Ageru」のベータ(β)版をリリースしました。

 


 

「Ageru」とは?

Ageruは、「売りません、タダで贈ります!」をコンセプトに、不要になった物を流通させるプラットフォームです。 「タダで」というのは、物品の取引きに、お金を使用しないということ。その代わりに、Ageru独自のポイントを使用します。(商品配送費等は金銭使用。)

 

また、いいね機能の他、メッセージ機能を搭載し、単なるモノのやりとりではなく、双方向のコミュニケーションを通じて温もりのあるコミュニティづくりも目指しているとのこと。

 

「あげる」方法

あげる(+)ボタンをタップして、商品登録画面(↓)に必要事項を入力します。出品したい物を簡単に投稿することができます。引き渡し完了後、 取引相手へサンキューレターを送ってポイントを獲得します。

30秒で投稿完了できるシンプルさ

 

「もらう」方法

欲しい物が見つかったら、Ageru独自ポイント「グリーンフラワー・ポイント」を使って、取引開始。なお、受け取り方法は、配送と対面から選択することが可能。

まとめ

Ageruのコンセプト「捨てるを、贈るに」が世の中に広まるよう、応援したくなるアプリです。
なお、Ageruのベータ版リリースを記念し、先着1,000名にログインボーナス2倍、初回300ポイントの特典をプレゼント中。

ダウンロードはこちら↓
Apple Store:https://apps.apple.com/jp/app/id1480186733
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dadaageru.app


Comments are closed.