IT用語集(モバイル関連)


USB PDとは

USB Power Delievry(USBパワーデリバリー/以下USB PD)とは、USBケーブルを利用して最大100Wまでの受給電を可能にするUSB電力拡張規格のこと。USB PDは、USB Type-C端子に対応し、USB Type-Cの普及につれて、このUSB PDをサポートするデバイスも急激に増えつつある。
USB PDでは100Wまでの受給電が可能となるので、従来対応できなかったタブレットやノートPCなどへの受給電が可能となり、対応機器が大幅に拡大。さらに、モバイル機器への急速充電も可能となる。

PSE認証とは

総務省は2019年2月1日に、発火事故が続発するモバイルバッテリーを、電気用品安全法の規制対象に変更し、PSEマークのない製品の製造、販売、輸入を禁止した。そのため、現在日本国内でモバイルバッテリーを正規に販売する際には、PSE認証マークが必要となっている。

CEとは

製品が安全規格に適合していることを表すマークであり、製品にCEマークを表示することによって、その製品がEU(欧州連合)のEC指令に適合していることを表明し、EU域内の自由な流通を保証される。

FCCとは

北米(アメリカ、カナダ)へ向けた無線機器、情報処理技術装置を輸出する際に必要な、安全基準を満たしていることを証明する認証。

RoHSとは

正式名を「Restriction Of the use of certain Hazerdous Substances in electrical and electroni equipment(電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令)」といい、EU(欧州連合)域内において、コンピュータ、通信機器、家電等の電気・電子機器について有害な化学物質の使用を禁止する指令で2006年7月1日から施行されている。

関連記事:
大容量の10000mAhモバイルバッテリー ワイヤレスでもケーブル使用でも高速充電できる「X 10s」
電池ゴミを削減!エコで節約もできるリチウムポリマー充電池「Pale Blue」がフォロワー募集中


Comments are closed.