電池ゴミを削減!エコで節約もできるリチウムポリマー充電池「Pale Blue」がフォロワー募集中

tag:,


クラウドファンディングサイトkibidangoの「プロジェクトの種」*で支援者募集中の「Pale Blue」は、「電池ゴミの問題を解決したい!」という思いからできたリチウムポリマー充電池です。
ちなみに、このPale Blueは、米大手クラウドファンディングサイトKickstarterでは、3,736人の支援を得て、目標額78,137香港ドル(約100万円)に対し、26倍を超える2,055,593香港ドル(約2800万円)近くを集めています。

*プロジェクトの種とは?→まだプロジェクトの詳細が固まっていない企画中の「種」プロジェクトのこと。 

 

電池ゴミを削減したい!リチウムポリマーが可能にしたエコ×機能性の充電池 | https://kibidango.com/1209

kibidango でプロジェクト開始に向けフォロワー募集中のPale Blue

 


 

電池ゴミの問題を解決するリチウムポリマーを使用

Pale Blueで使用しているリチウムポリマーには、どんなメリットがあるのでしょうか。

 

①1000回繰り返し充電が可能

アメリカだけでも毎日1000万個の電池が廃棄されており、処理の難しい「電池ゴミ」の問題は深刻です。電池ゴミの解決のため、Pale Blueは小型化・大容量化に適したリチウムポリマーを使用。小型の乾電池で1000回の繰り返し使用を可能にしました。1カ月に2回充電した場合、約41年間Pale Blueを使用できる計算に。

 

②環境規制物質を不使用

リチウムポリマーを使うことで、環境規制物質であるカドミウム・鉛・水銀の使用が不要に。 これにより通常の電池よりも廃棄時の環境負荷を軽減することが可能になります。

 

Pale Blueの安全性は?

電気用品安全法(PSE認証マーク)を取得済みとのことで、安心です。

 

使い勝手の良さも重視

地球やお財布に優しいとはいえ、使い勝手がイマイチだとなかなか手がでないですよね。そこで、電池ゴミ問題解決を目指すPale Blue開発チームは、Pale Blueをより多くの人に使ってもらうため、機能面でもこだわっているようです。

①充電が楽なUSBチャージ

Pale BlueはUSBケーブルから直接充電できるので、充電ケースが不要です!
携帯を充電するのと同じ感覚で、USBケーブルにPale Blueをただ挿すだけで充電!充電中は赤、充電が完了すると緑のライトがつきます。
また、同時に4本のPale Blue充電が可能な特別なUSBケーブルが付属でついてきます。

同時に4本のPale Blue充電が可能なUSBケーブル

②高速充電 2時間でフルチャージ

Pale Blueは約2時間でフルチャージが可能。さらに充電は早いのに、残存充電量(%)が減っても強力な電力を放出し続けます。

Pale Blueの充電時間は短く、使用中は高い出力ワット数が明らか。
PaleBlueは単3・単4の2種類展開を予定。

 

充電池は使い捨て電池に比べ経済的!

使用頻度にもよりますが、1本100円の使い切り電池を使った場合と、Pale Blueを使った場合では、なんと一生で10万円の支出の差があるというデータがあります。1回1回購入するより断然エコで、お財布にも優しいですね。

 

まとめ

Pale Blueの開発チームメンバー

Pale Blueの開発チームは、世界のごみ問題、特に電池のごみ問題に注目し、今の現状が少しでも良くなればという思いからPale Blueを開発しました。高機能な充電池「Pale Blue」を多くの人に使っていただくことで、アメリカだけで毎日1000万個、世界でみればもっと多くの電池が捨てられている今の現状を、変えていけると信じてのこと。今までなかなか充電池に切り替えてこなかった方、これだ!という充電池にめぐりあえてなかった方!Pale Blueなら、これまでになかった快適さで充電池生活を始められそうな気がしませんか?


Comments are closed.