世界最小クラスの外付けSSD「FlashGet」をお得にゲット

tag:,


現在クラウドファンディングサイトGREENFUNDINGで出資者募集中の「FlashGet」は、世界最小クラスの外付けSSDです。

容量最大1TB!最大500MB/s高速データ転送で仕事を効率化!
20g/70mm超軽量ポケットサイズを実現した世界最小クラスSSD「FlashGet」
| https://greenfunding.jp/lab/projects/3081?utm_medium=GREENFUNDING&utm_source=Portal

 


 

パソコン動作が重くてイライラしてませんか?

パソコンが重くなる原因は、使用方法やユーザー環境によって千差万別なようです。システム設定やストレージの空き容量などをチェックしても、動作が改善されないなら、パソコンのメモリーを8GB以上に増設することで動作が劇的に速くなる場合が多いとのこと。さらに、システムドライブのストレージとしてHDDを利用している場合は、データ転送速度の速い「SSD」に交換すると極めて効果的。特に、外付けSSDなら、パソコン内部のストレージを交換する必要がなく、誰でも手軽に容量を増やすことができます。

 

サイズ70mmで持ち運びに便利

FlashGetは、約7cmの世界最小クラスのコンパクトSSD。しかも重さはたった20gしかないので、持ち運びに最適です。しかもUSB接続のため、ケーブルの持ち運びも不要です!

PC右横にあるのがFlashGet

 

最大500MB/s高速データ転送

FlashGetはSSDのため、従来の外付けHDDと比較すると約5倍の高速データ転送が可能で、1/5以下の転送時間を実現できます。また、USB3.1(Gen2)接続により、最大500MB/sという外付けSSDにおいては最高レベルの転送速度を実現。これなら、遅くてイライラしていたPCも、FlashGetを使えばサクサク動きそうですね!

 

最大容量1TB!

FlashGetでは、以下4種類のストレージ容量が選べます。ちなみに、最大容量の1TBの場合、画像は約50万枚、動画は約25時間分保存可能とのこと!ストレージ容量は大きければ大きいほど安心ですが、高額になることがネック…。そこで、クラウドファンディングならではの割引価格で提供されている間にお得にゲットしたいですね!

FlashGetの容量サイズは4展開

 

スマホ、PS4やXBOXでも使える

オプションのType-C・Micro-USBの変換コネクターを使えば、パソコンと同じくFlashGetによってスマートフォンのストレージも増やすことができます。スマートフォンに現状より多くのファイルを保存したり、機内モードでも映画や動画を楽しんだりできます。

さらに、PS4などのゲーム機にもFlashGetを利用できます。FlashGetにより、ロード時間が短縮され、サクサク快適にプレイを楽しめます。(※OSやアプリ・ゲームをSSDに保存していない場合は、読み書きは高速化されないのでご注意ください。)

 

気になる価格は?

現在GREEN FUNDINGで出資者募集中の現在、最小容量の128GBが7,980円、256GBが11,350円、512GBが15,800円、1TBが22,306円での出資でゲットできます(いずれも販売予定価格の28~32%割引き)。

 

まとめ

パソコンの買い換え理由として、「性能をあげたいから」が上位を占めているようですが、このFlashGetを使えば、パソコンを買い換えるよりもはるかに安く、また手間暇をかけることもなく、パソコンの動作を快適に改善できそうですね。クラウドファンディング特価で提供されている期間中に、ぜひともゲットしたいものです。


Comments are closed.