本探しとSNS共有が簡単に!ウェブアプリBooxMixなら読書が好きになる

tag:,


気軽に本の「プレイリスト」を作り、TwitterなどSNSでシェアできるウェブアプリ「BooxMix」が12月4日にリリースされました。

 

新しいジャンルの開拓は意外にムズカシイ…

ウェブや雑誌などでは、「○○な本7選」といったタイトル記事で、おすすめ本が紹介されています。しかしながら、自分の好みに合うリストにたどりつくのはなかなか難しく、読んでみたいと思う本に出会えていないのが現実ではないでしょうか? また書店でも、読みたい本を見つけるのは運次第のような…

 

PISAの結果、読解力の低下が顕著に…

最近公表された2018年の国際学習到達度調査(PISA)の結果、日本の15歳の読解力が前回の8位から15位へと大きく順位を下げ波紋を呼んでいます。その原因の1つとして考えられるのは、本や新聞を読まない生徒の割合が他国と比較し多いこと。読解力の成績トップの中国(北京、上海、江蘇、浙江)では、本を読まない生徒の割合はなんと3.3%!それに対し日本は25.7%。小説や伝記、新聞など幅広いジャンルの文章を読んでいる生徒は、読解力の得点が高い傾向が見られたようです。日ごろから活字に触れていることが文章を正確に理解する力の基になるのは間違いなさそうです。いったいどうすれば活字離れの問題を解消できるでしょうか?

 

BooxMixとは?

BooxMixは、「本は読みたくても、どんな本から読めばいいのか分からない」という声から生まれたサービスです。「ユーザーから生まれたオンライン本屋」を目指しているとのこと。​

BooxMix

このBooxMixアプリでは、おすすめしたい本をプレイリストのようにリスト化しシェアできます。例えば、「名刺代わりの本5選」、「影響を受けた本5選」、「11月に読んで良かった本5選」、「環境問題を理解する本3選」といったタイトルで投稿。 本を探しているユーザーは、キーワードによってリストを検索でき、読みたい本を簡単に探せます。

リストの作成もシェアもスマホで簡単に行えます。さらに、投稿時に画像が自動生成され追加されるので、気軽に投稿できます。

BooxMixの使い方

 

まとめ

BooxMixはシンプルで使いやすいアプリで、今後投稿が増えて、いろいろな本が紹介されるといいですね!書店員さんや先生といった様々な職種や経歴をもつユーザーからのおすすめ本投稿にも期待したいところ。また、お気に入りの投稿者をみつけてフォローすれば、読書の幅がぐんと広がりそうです。 読解力は学生時代だけではなく、社会に出てからも必要で、BooxMixによって読書を楽しみつつ、読書量を増やすことによって読解力を高められる、まさに一石二鳥のアプリですね。


Comments are closed.