暗号資産CIMをリスクなくもらえるポイントサイト「COINCOME」

tag:,


Makers Farm Pte. Ltd.(本社:シンガポール)は、2019年12月9日(月)にキャッシュバックサイト「COINCOME(コインカム)」の正式版を公開しました。COINCOMEは、2019年5月にシンガポールと日本にてβ版をリリース済みですが、機能拡張・サービス拡充を経て、今回の正式リリースに至ったそうです。

オンラインショッピングやサービス利用によって、ポイントが還元されるポイントサイトは世の中に数多く存在しますが、COINCOMEでは独自の暗号資産 「CIM(シム)」 で還元される点が大きな特徴です。

 


 

キャッシュバックサイトの問題点

キャッシュバックサイトとは、そのサイトを経由してショッピングしたり、サービスを利用した時に、ポイントや現金等が還元されるサイトのことです。日本ではポイントサイトという呼び名の方が一般的。

インターネットショッピングの拡大に伴って、キャッシュバックサイト市場も年々拡大し、世界的には約9兆円の流通規模になっているとのこと。

とはいえ、このキャッシュバックサイトの普及拡大に、大きな障害となる問題があります。1つ目の問題は、還元率がそれほど高くないこと。そのため、お得感が薄く、サイトを経由してショッピングする等、サイトの利用をうっかり忘れてしまうといった人も多いのではないでしょうか。2つ目は、還元条件を満たしたはずなのに還元されないといった、詐欺に近い事例も少なからず発生していること。

 

COINCOMEとは?

COINCOMEは、独自の暗号資産であるCIMによる還元により、既存のキャッシュバックサイトの5倍の還元を目指すキャッシュバックサービスです。

COINCOMEのCEO金光 善浩氏とCFO東本 和人氏は、会員数1,000万人を超えるキャッシュバックサービス「Gendama」の事業拡大を実現した元リーダー。キャッシュバックサービスは、一般ユーザーにとっては日常生活の中で手軽に報酬が取得できるサービスであり、法人ユーザーにとっては新規顧客の獲得が見込めるサービスということで、非常に優れたビジネスモデルであると述べています。そして、キャッシュバックサービスが抱える構造的な問題にメスを入れることで、ユーザー満足度の向上とキャッシュバックサービスの普及拡大を目指しています。

COINCOMEで可処分所得を最大化する
COINCOMEの仕組み

 

COINCOMEの提携ショップは?

現在、COINCOMEでは800以上のショップ・サービスと提携しているそうです。順次拡大中。

提携ショップ・サービスの一例

 

ポイント還元の条件は?

COINCOME経由でのオンラインショッピングの他、アンケートに回答する、口座を開設する等、いろいろな方法があります。さらに、CIMポイントの獲得量・保有量に応じて自動的に付与されるボーナスポイントや、お得なキャンペーンも随時開催されているようです。

 

CIMについて詳しく

CIM(シム)は、COINCOME経由でサービスを利用するともらえる暗号資産(仮想通貨)で、COINCOME独自のトークン(ERC-20規格)です。このCIMは2018年9月に世界共通の暗号資産取引所「Liquid Global」に上場していますので、決して怪しいものではなく信頼できる暗号資産のようです。しかしながら、この「Liquid Global」では、日本人は売買取引ができません…。CIMが国内取引所に上場すれば、貯まったCIMを売って大きな利益を得られる可能性が出てきます。

CIM交換先の一例

ちなみに、CIMポイントの還元時は、法定通貨換算(=○○円相当)で付与されます。ウォレットに移行するまでは、その価値が変動することはなく、他社サービスのポイントや現金、電子マネー等に交換できます。ウォレットに移行すると(移行タイミングは任意)、CIMのレートにより価格変動します。

 

CIMによる還元はお得?

COINCOMEが他社ポイントサイトと大きく違う点は、暗号資産による還元であること。COINCOMEも他社サイト同様、無料でユーザー登録できるので、実質無料で暗号資産を入手できることになります。今まで暗号資産に興味はあったものの、損失が心配で手を出せなかった人も、COINCOMEを利用することでリスクなく暗号資産デビューを果たせますね。万が一、暗号資産としての価値が見出せない場合でも、他のポイントに代えられるので安心です。

 

まとめ

COINCOMEは、投資リスクなく暗号資産を入手できるというまったく新しいサービスということで、まずは様子見という人も多いのではないでしょうか。COINCOMEの究極の目標は、ユーザーの可処分所得の増加ということで、その目標がぜひ達成されるよう応援したいものです。まずは、CIMが日本の取引所に早く上場され、売買できるようになるといいですね!


Comments are closed.