規格外野菜の販売・購入が可能なウェブマーケット「única(ウニカ)」で新しい野菜を発見しよう!

tag:,


農家で作られた野菜は、わずかな傷があったり、大きさや色、形が規格に合わないという理由で「規格外野菜」とみなされ、出荷されないといった大変残念な事態がよくあるそうです。そして出荷されない規格外野菜は加工品の材料にしたり、農家さんが消費したりするようですが、その大部分は廃棄されているようです。その量はなんと年間150〜200万トン!

この問題を解決しようと、野菜の生産者と消費者が直接取引可能なWEBサービス「única(ウニカ)」がリリースされました。

ウニカのホームページ

 


 

única(ウニカ)の特徴

産地直結型のウェブサービス

ウニカは、農作物の生産者と消費者が直接取り引きできるウェブサービスで、今までは販路を見いだせず廃棄されていた規格外野菜や果物を、必要とする消費者に届けられるような仕組みを作りました。ちなみに、規格外野菜は見た目には難があっても、中身は通常の作物と変わらないそうです!

このウニカを利用することにより、農作物の見かけよりも中身を重視する消費者が、今までは入手困難だった安心安全かつ新鮮な作物を購入することができるようになります。一方、生産者にとっては、廃棄していた分の売り上げが増加するメリットがあります。

ウニカの仕組み

 

生産者と消費者のコミュニケーションも

ウニカでは、消費者は購入商品に評価をすることができるので、購入時の参考になります。また、生産者は消費者から直接意見や感想を聞くことができます。さらに、レシピの紹介や食レポを投稿する機能もあり、誰でも自由に投稿することができます。

ユニークな形の人参。でも中身は通常通り。

 

便利なサービスを続々追加予定

今後ウニカは、1人の生産者から複数人で商品を購入し配送料を削減できるグループ購入サービスの対象地域拡大(現在は新宿区のみの対応)や、匿名で商品を取り引きできるサービスの導入など、便利なサービスを続々と追加する予定だそうです。

生産者さん大募集中

ウニカでは、新しい販路をお探しの生産者さんを大募集中だそうです。通常の販路では販売が難しい野菜や果物を消費者に直接販売でき、いつでも、好きな価格で、1箱から販売できるので、収穫量や収穫時期が不安定でも心配不要とのこと。

 

まとめ

せっかく育った野菜や果物が大量に廃棄されている現状について、誰もが望んでいないはず。ウニカによって、個人個人がこの大きな社会問題の解決に向けて行動できるようになりました。ウニカの利用者が今後増えて、規格外野菜や果物が捨てられることなくどんどん食べられるようになるといいですね!
また、ウニカは農作物ロスの解消目的だけでなく、こだわりの農作物を作っている生産者さんを発見できる楽しさもありそうです。その一例として、北海道夕張郡の西村牧場の西村夫妻は、アメリカで出会った”加熱調理用トマト”に魅了され、独自の栽培方法で「だしとまと」としてブランド化して販売しています。加熱したときに最高においしくなるように栽培方法にこだわったトマトだそうで、気になりますね!

Source: PR TIMES


Comments are closed.