レシートでポイントが貯まるアプリ「CODE」で高額ポイントがもらえるお年玉キャンペーン開催!

tag:, , ,


レシート画像を送信するだけでポイントが貯まるアプリはお使いですか?

今回ご紹介する「CODE」は、買い物のレシートと購入商品のバーコードをスキャンし、各種提携サービスポイントや現金に交換できるスマートフォンアプリです。インストール数は本稿執筆現在140万で、長年のユーザーも多いようです。

 


 

「CODE」のコインやポイントの仕組み

CODEで貯められるのは、「CODEコイン」と「TAMARUポイント」の2種類です。

「CODEコイン」はレシート撮影や、購入商品のバーコード登録、商品の評価等によって付与されます。CODEコインを集めてアプリ内懸賞に応募したりなど、アプリ内で使用するコインです。

「TAMARUポイント」は、1ポイント1円相当のポイントで、提携サービスのポイントや現金に交換できます。「バーコードチャンス」「クエスト」「ラッキーエッグ」等で入手できます。

コインとポイントを貯めましょう!

 

「CODE」を使う楽しさとは?

レシート登録するだけで、ポイントを貯められるレシート登録アプリは多々あります。その中で、CODEの最大の特徴は、楽しみながらポイントをゲットできること。CODEを使う楽しさとは、いったいどんな楽しさなのでしょうか??

 

バーコードチャンスの卵割りで気分爽快!

CODEのカメラでレシート撮影後、各商品のバーコードをスキャンします。スキャン後「バーコードチャンス」が表示され、登録したバーコード枚数と同じ数の卵が登場します。この卵を割って、当たりならTAMARUポイントをゲットできます。20ポイント当たった時には(↓)、筆舌に尽くしがたい喜びを味わえました。

初登録の商品バーコードで20ポイントゲットしました!

 

「クエスト」のミッションを達成してポイントゲット!

上記の「バーコードチャンス」でポイントをゲットできるかどうかは運次第ですが、「クエスト」では指定商品を購入し、アンケート回答等のミッションを達成することで、TAMARUポイントを確実にゲットできます!

 

「ラッキーエッグ」で豪華景品を狙える!

ラッキーエッグを割って当選すると、「Nintendo Switch Lite」や「オムロンカラダスキャン体重体組成計」など豪華賞品の他、高額のTAMARUポイントがゲットできます。このラッキーエッグを入手するには、「CODEコイン」と交換する方法(コインで応募)と、対象商品を買い物登録して入手する方法(お買い物で応募)の2種類があります。

「お買い物で応募」例

 

家計簿も自動的につけられる!

CODEが支持される理由の1つに、撮影したレシートによって自動的に家計簿がつけられるという点もあるようです。自動的にカレンダーとグラフが作成され、簡単に支出を把握できます。なお、レシートやバーコードが無い支出も登録できます。

 

レシート撮影がストレスフリー

レシートの撮影がうまくいかなくてイライラした経験はありませんか?その点、CODEの場合、大変スムーズにレシート撮影できました。(撮影画面上の照明ボタンをタップし、ライトをつけるとうまく撮影できるようです。)

 

1等10万円が当たるお年玉キャンペーン開催

CODEでは以下の内容で、キャンペーンを開催予定とのこと。TAMARUポイントは1ポイント1円相当なので、高額商品ですね!

■実施期間:
2020年1月1日(水)~1月31日(金)

■賞品:
TAMARUポイント10万円分(1名様) TAMARUポイント5万円分(1名様)
TAMARUポイント*1万円分(5名様)

■参加方法:
下記方法で参加可能。
①CODEアプリをインストール
②CODEアプリに登録してログイン
③どんな商品(*2)でも良いので、CODEアプリで買い物登録(購入時のレシートと商品バーコードをスキャン)
④ラッキーエッグをGET(キャンペーンへの応募券となります)

■当選発表:
ラッキーエッグが割れる日(抽選日)にCODEアプリ内で卵を割って結果を確認

■抽選日:
2020年2月6日(木)

 

まとめ

CODEを使ってみると本当に楽しく、時間を忘れて使ってしまうといった感じです。家計簿アプリを3回挫折した経験がありますが、CODEではポイントが獲得でき、おまけに自動で家計簿が作成されるということで、これなら継続できそうだと思いました。過去に挫折したアプリでは、レシートの撮影がうまくいかなかったことが大きな原因と思っていますが、CODEではすんなり撮影できました。レシート撮影が無事成功すると「撮影の達人!」と褒めてもらえて、本当に心をつかむのが上手なアプリだと思います!

Source: PR TIMES


Comments are closed.