eスポーツプレイヤーとつながるファンディングサービス「バフ★スター」β版の提供開始

tag:,


世界的に大きな盛り上がりを見せているeスポーツ。2024年に開催されるパリオリンピック・パラリンピックの新種目としても採用が検討されています。
日本国内においても「eスポーツ元年」と称される2018年頃から、​JeSU(日本 eスポーツ連合)の設立によるプロ選手認定、各種プロリーグの発足、さまざまな業種の企業スポンサー参入等、eスポーツに注目が集まっています。

日本のeスポーツをさらに盛り上げようと、eスポーツプレイヤーとファンをつなぐファンディングサービス「バフ★スター」のβ版の提供開始を、2020年1月11日(土)、aifie株式会社が発表しました。「バフ★スター」は、eスポーツプレイヤーとその活動を支援したいファンをマッチングし、応援したいプレイヤーを直接支援できるプラットフォームです。

 


 

日本のeスポーツの課題

eスポーツ市場があまりに急速な成長を遂げているため、環境整備や法整備が追い付いていません。特にプロ選手については、eスポーツの大会やイベント等により徐々に活躍の場が増えてきてはいるものの、その恩恵にあずかっているのは一握りのプレイヤーに限られています。日本のeスポーツ業界がさらに発展するためには、この課題をクリアする必要があります。

 

eスポーツの課題をクリアする方法

そこで、この課題をクリアする方法として、海外ではすでに普及している「個人スポンサー」の仕組みづくりがあげられます。また、各種スポンサーや広告主、メディア等が、前途有望なアマチュアeスポーツプレイヤーを容易に発掘・アプローチできる仕組みづくりも必要です。

 

バフ★スターとは

「バフ★スター」とは、応援したいeスポーツプレイヤーを見つけて、そのプレイヤーの活動に対し直接支援できるプラットフォームです。

https://buffstar.jp/

 

BUFF(バフ)とは?

BUFFとは、eスポーツプレイヤー(=スター)が発行する、いわばバフ★スター上の仮想通貨のようなもの。このBUFFによって、スターのゲーミングスキルや評価が可視化されます。

 

BUFFを購入すると?

個人スポンサー(=ブースター)は、応援したいスターを見つけたら、そのBUFFを購入することで、そのスターを直接支援できます。ちなみに、BUFFは見返りゼロの「寄付型」ファンディングではなく、売却によって金銭的戻しを得られる「投資型」とのこと。

一方、スターは、BUFF購入に対するリワードとして、応援してくれるブースターに対し、限定情報や優待特典、交流の機会等を提供することができます。

 

BUFFの価格変動のしくみは?

BUFFの価格は基本的にその需要・供給量によって変動しますが、スター自身のeスポーツ大会の成績や eスポーツ関連活動の実績によっても変動します。

 

お気に入りのスターを見つけるには?

各 eスポーツプレイヤーには「スターレベル」というステータスが設定され、自身のBUFF価格と活動実績によって定期的に更新されます。
今までプレイヤーの評価基準は不明瞭でしたが、スターレベルによって評価が明確になります。その結果、新規のファンや企業レベルのスポンサーにとっては、お気に入りのプレイヤーをより効率的に見つけられるようになります。

 

スターを大募集中!

バフ★スターでスターになる、eスポーツプレイヤーを募集中です。本稿執筆現在、スター登録には承認が必要とのこと。

 

まとめ

日本のeスポーツの盛り上げを支える新しいサービスの登場ですね!このバフ★スターの普及によって、eスポーツの魅力が広まり、ファン層の拡大やプレイヤーのゲーミングスキルの向上が期待できそうですね。

Source: PR TIMES


Comments are closed.