IT用語集(AI関連)

tag:, ,


AI(人工知能)とは

AI(artificial intelligence、日本語訳は人工知能)とは、人間の知的能力をコンピュータ上で実現する様々な技術を指す。具体的には、言語の理解、推論、問題解決といった知的行動を、人間に代わってコンピューターに実行させる技術。

AIの応用例として、自然言語処理、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステム、画像データを解析して特定のパターンを検出・抽出する画像認識等がある。

2006年のディープラーニング(深層学習)の登場と2010年代以降のビッグデータの登場により、AIが社会に普及・浸透した。2016年以後、ディープラーニングを導入したAIが、碁囲碁などのトップ棋士やポーカーの世界トップクラスのプレイヤーを破っている。

 

チャットボットとは

チャットボットは「対話する(chat)」と「ロボット(robot)」の略称である「ボット(bot)」という2つの言葉を組み合わせたもので、テキストや音声を通じて会話を自動的に行うプログラムのこと。お問い合わせ対応やサイト検索時のサポート等、ユーザーと企業をつなぐコミュニケーションツールとして活用が広まっている。「人工無脳(じんこうむのう)」や「人工無能(じんこうむのう)」といった別名もある。

 

ニューラルネットワークとは

人間の脳内にある神経細胞(ニューロン)とそのつながり、つまり神経回路の一部をコンピュータ上で表現するために作られた数学モデル。

 

ディープフェイクとは

深層学習(ディープラーニング)とよばれるAI(人工知能)技術を使用して、2つの画像や動画の一部を結合させ、新たな動画を作成する技術のこと。
現実の映像や音声、画像の一部を加工して偽の情報を組み込み、本物のように見せかけて相手をだます、フェイク動画、偽動画を指すことが多い。

関連記事:

人工知能アプリ「SELF」が100万ダウンロードを突破!感謝キャンペーンをTwitterで開催中

腰痛の原因を分析・自宅で改善できるAIアプリの制作を応援しよう

人工知能利用で貯金を増やそう!SBIネット銀行アプリ「パルトネ」にSELF-AIを搭載

AIロボットバーテンダーCecilia(セシリア)はインタラクティブな接客可能、冗談もOK!

AI搭載のArtificial nose(人口鼻)でにおいが分かる GitHubでソースコード公開中

映画「レミニセンス」・予告編ムービーの登場人物になれるサービス公開中


Comments are closed.