送金アプリ「pring(プリン)」の新機能「チーム」で「いいね」がお金に!

tag:, ,


送金アプリ「pring(プリン)」を提供する株式会社pringが、「いいね」や応援、感謝等の気持ちを表す新しい手段として、スマートフォンでお金を送りあえる新機能「チーム」の提供開始を、2020年1月21日に発表しました。

 


 

新機能「チーム」とは?

 

SNS上でどんなに素晴らしい投稿をしても、「いいね」や「フォロワー」の数が増えるだけ。今回発表されたpringアプリの新機能「チーム」では、SNS上の投稿に対し、その価値にふさわしいと思う金額のお金を、ダイレクトに送信できるようになります。金融プラットフォームとしてのpringアプリの実績を活かし、このチーム機能で安心安全なお金のやりとりサービスを提供できるとのこと。

チーム機能の仕組み

 

チーム機能でできること

 

実際、このチーム機能でどんなことができるのでしょうか?

発信者を中心としメンバーでチームを作成または参加できる

発信内容に対するコメント機能があるので、メンバー同士でコミュニケーションがとれます。

「いいね」が投げ銭に

「いいね」すると、その発信元へ最低1円の投げ銭が送金されます。投稿に対して送られたお金は、翌日受け取り可能とのこと。ちなみに、コメントは投げ銭無しでも送信可能。

気軽に発信し、自分の投稿をストックできる

時間がたっても投稿が埋もれることなく、ストックできます。ブログより気軽に発信したい、文章は苦手だけど何かを発信したい人にぴったりな発信ができます。ちなみに文字制限なし、写真のみの投稿もOKとのこと。

 

チーム機能が目指すもの

 

このチーム機能を通して、発信者の投稿が評価されお金をやりとりできる新しいコミュニティスペースを定着させることで、新しい働き方や報酬の受け取り方の普及を目指しているとのこと。

スクリーンショット画像

 

送金アプリ「pring (プリン)」とは?

 

pring(プリン)アプリは、チャット感覚で簡単にお金を送り合えるアプリです。アプリのトップページから相手を選び、送る金額・受け取り金額やメッセージを入力して送信するだけで完了。

スクリーンショット画像
Android版 pring

 

やりとりしたお金はいつでも、銀行口座に戻したり、全国に25,000台以上あるセブン銀行ATMで、現金として引き出すこともできます。注目したいのは、ユーザー間送金の他、振込や銀行からの入出金に手数料がかからないこと!対応銀行の増加を望むユーザーが少なくないようです。

スクリーンショット画像
金融庁に登録済みなので安心

 

まとめ

チーム機能によって、SNSでの投稿に対して、今まで以上に正当な評価が可能になればいいですね!これまでは、投稿の価値についての明確な基準が存在せず、その結果、多くの共感を呼ぶような価値ある投稿に対しても、過小評価されていたように思います。投稿の評価・価値が明確に金額で示されるようになれば、共感を呼ぶ発信が増え、SNSのコミュニケーションがより豊かに活発になりそうですね!

Source: PR TIMES


Comments are closed.