腰痛の原因を分析・自宅で改善できるAIアプリの制作を応援しよう

tag:, , ,


クラウドファンディングサイトMakuakeで出資者募集中の「腰痛改善」アプリは、腰痛に悩む人必見のアプリです。腰痛がつらくて病院へ行っても、その原因が分からず、痛み止めをもらって終わりといったことが多々あります。今まではどうしようもなかった腰の痛みについて、家にいながらにして改善できるアプリのようです。

 


 

「腰痛改善」アプリとは?

一般社団法人日本身体機能研究会が開発中の「腰痛改善」アプリは、腰痛の発生原因と身体機能を評価し、原因に合った正しい運動療法をユーザーに教えることで、腰痛を和らげるAIサービスを提供します。

同研究会によれば、腰痛を起こす疾患の8割は、神経症状の出る前の段階の、手術を必要としない疾患で、つまりレントゲンやMRIでも原因が特定できない腰痛だそうです。そういった腰痛を自宅で改善できるアプリのようです。

 

アプリ使用方法

問診画面で腰痛の状態をヒアリング。腰痛の発生原因を評価します。

ウェブブラウザとiOS、Androidのモバイルアプリに対応予定

 

そして、その原因に最適なピラティスをベースとしたエクササイズを提示し、腰痛を和らげます。また週に1度、再問診による評価を行い、その結果に応じてAIがエクササイズ内容を修正していきます。

 

支援金額は?

Makuakeでのクラウドファンディングプロジェクトでは、出資額に応じて、以下のリターンが用意されているようです。集まった資金は、AI開発などの運営費用として使用されるとのこと。

1000円:サンクスレター

3000円:腰痛AIサービス半年間利用権

→腰痛の発生原因と身体機能を評価し、原因に合った正しい運動療法を知ることができる腰痛AIサービスを半年間利用することができます。

10万円:腰痛AIサービス半年間利用権 + 支援者懇親会ご招待

 

まとめ

腰痛のつらさは経験者でなければ分からないもの。たかが腰の痛みくらいで、というイメージをお持ちの人もいるかもしれませんが、腰痛の深刻度は様々で、今までは何の苦も無かった日常の基本的な動作ができなくなることもある、侮れない疾患です。今回のクラウドファンディングによって、腰痛の各症状に最適な改善法を提示してくれるアプリが実現されるといいですね!


Comments are closed.