不動産サービスのカウカモと6curryが“住まい探し”の美味しい食卓を期間限定プロデュース!

tag:,


中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」を運営する株式会社ツクルバが、会員制・招待制のカレーブランド「6curry」とのコラボレーション企画「cowcamo’s table 〜“住まい探し” の美味しい食卓〜」を、期間限定で開催すると発表しました。

 


 

「cowcamo’s table 〜“住まい探し”の美味しい食卓〜 」の概要

開催日時:2020年3月3日(火)~ 3月7日(金)全日19:00 〜 22:30
※3/5(木)は6curry会員限定のため、一般の方は参加できません。
会場:6curryKITCHEN渋谷(〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町7−10 12マンス1F)
主催:カウカモ(株式会社ツクルバ)
共催:6curry
イベント特設サイト:https://6curry.cowcamo.jp
参加費:2,000円(カレー、トッピング・ドリンクなどの2オーダー付き)
※上記特設サイトのpeatixより事前に申し込みが必要。
※6curry会員は入場料無料、Peatixでの申し込みは不要。

 

何ができるイベント?

6curryの「カレーを通じて人が出会い、混ざり合う」体験を通じて、住宅購入検討者と購入者が、美味しいカレーを食べながら会話し、混ざり合い、“住まい探し”の楽しさと出会えるイベントです。

 

なぜ不動産×カレー?

衣食住の中で、「不動産」については高額であるため、理想よりも現実的な選択をしがち。しかし、本当は、自分の理想に合った住まいと出会い、「自分らしい暮らし」を実現する事は最高にワクワクして楽しい体験であるはず。そこで、カウカモは、もっとワクワクしながら住まい探しに 向き合える場を増やしつつ、中古リノベ住宅の魅力を知ってもらいたいと考えているとのこと。今回のイベントでは、「自分らしい暮らし」を見つけるため、以下の仕掛けが用意されています↓

「一点もの」のカレーをつくって自分らしさを見つける

期間中は「『一点もの』のカレーをつくろう!」と題して多数のトッピングメニューを用意。自分が食べたいトッピングを自由に組み合わせることで、自分だけのオリジナルカレーをつくることができます。「自分らしさ」を見つける楽しさを感じてほしいという願いが込められているようです。そして「自分らしい『一点もの』の住まいに出会って欲しい」想いから生まれた限定メニューとのこと。

中古リノベ住宅購入者が日替わりで店長に

今回カウンターに立つ店長は、カウカモを通じて中古リノベ住宅を購入したメンバーです。リアルな購入エピソード、例えば購入のきっかけや悩んだポイント、自分らしい暮らしをどのように実現したかといった話を聞くことができます。
ちなみに、曜日毎にデザイナー、エンジニアなど、職種の異なるメンバーが店長として登場するそうです。

先着でオリジナルカップをプレゼント!

 

まとめ

NHKの「サラメシ」で紹介されていた山形県鶴岡市の鉄工所では月に一度、社員から選ばれたスープ当番が交代で世界各国のスープをふるまうそう。このスープ、本場のものとは別物で、手近な食材を使った創作スープなんだとか。「正しいか、正しくないかよりも、イメージした完成形を目指して自分たちなりの方法で作っていくこと。スープ当番を通じて、モノづくりの基本を学べる」という部長さんの言葉が印象的でした。今回のカウカモと6curryとのコラボレーション企画にも、「自分らしさ」を見つけるという点で相通じるものがあるように思います。「自分らしさ」を実現する一歩となるような、いい出会いがあるといいですね!

Source: PR TIMES


Comments are closed.