医師に相談できるアプリ「LEBER(リーバー)」は5月10日まで無料期間延長

tag:,


新型コロナウィルスの感染拡大が継続中の今、新型コロナとは別の不調で受診したいけれども、感染が心配で病院へ行けないという人も多いのではないでしょうか。
そんな時活用したいアプリが、24時間365日スマホで医師に相談できる「LEBER(リーバー)」です。現在150名以上の医師が登録されており、アプリを通じて気軽に医師に相談可能とのこと。この「LEBER」を2020年5月10日まで無料で利用できるそうです!

 


 

以下、メーカー発表文の内容を掲載しています。(配信元: 株式会社AGREE)

 

無料提供を5月10日まで延長 新型コロナウイルスに関する医師への相談が無料「医療相談アプリLEBER(リーバー)」

新型コロナウイルスに加え、あらゆる身体の不調についての相談を医療相談アプリLEBERで無料に行えます

株式会社AGREE 2020年4月6日 08時50分

 2020年4月10日(金)までの無料利用期間を、同年5月10日(日)まで延長します。

 新型コロナウイルスに罹患され、亡くなられた皆様のご冥福と、また闘病中の皆様のいち早い回復をお祈り申し上げます。2020年4月4日、5日と東京都内では連日100名を超える新規感染者が報告され、帰国者・接触者相談センターへの電話もつながりづらく、医療機関で働く医療従事者への負担も日に日に高まっております。

 2020年2月12日より無料提供しておりました医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」ですが、現在非常に多くのユーザーに利用して頂き、新型コロナウイルスの相談に関しましては約70%の皆様の不安軽減に役立っております。また本事業に共感して頂ける登録医師も日に日に増えており、ほぼ全ての診療科の医師が皆様の相談をお待ちしております。

 以上の情勢・状況を鑑みまして、引き続き可能な限り多くの皆様の不安軽減に役立ちたい、また医療崩壊を防ぎたいとの想いより、医療相談アプリの無料提供を延長することに致しました。引き続き多くの皆様の不安軽減の一助になれましたらスタッフ一同幸いです。 

 

医療相談アプリ「LEBER」について

24時間365日スマホで医師に相談ができるアプリです。現在150名以上の医師が登録されており、
すぐに病院に行けない方もアプリを通じて医師に相談することができます。
(医療相談アプリLEBER https://www.leber11.com

 

無料相談の流れ

① 簡単な問診(3分でできる選択形式の問診)
② 最速1分の回答(オススメの市販薬や症状に合う行くべき診療科、対処法などのアドバイスを受ける)
③ セルフケア(近くの医療機関を受診、ドラッグストアの購入など具体的なアクションをサポート)

 

登録の流れ

〜アプリをダウンロードしていない場合〜
①アプリをダウンロード & ユーザー登録
②ポップアップの「(無料)コロナウィルスの相談の方」をタップ
③無料相談サービスの登録へ進む
④登録完了! 

〜アプリをダウンロードしている場合〜
以下のURLより登録が行えます。
https://www.leber11.com/corona-free-consultation

 

無料提供の概要


・対象:日本全国のスマホをお持ちの方
・期間:2020年5月10日まで(予定)
・料金:無料(医師の指名相談は有料)
・無料で利用できる機能:
   ①医師への遠隔医療健康相談(24時間対応)
   ②全国17万件の医療機関検索
   ③医師からの回答閲覧
   ④マルチアカウント機能(家族4名までのアプリ内サブアカウント作成と相談)

 

株式会社AGREEについて

株式会社AGREEは2017年2月に遠隔医療相談サービスを行う目的にて創立しました。
私達は「いつでも。どこでも。誰にでも。」を信念を掲げ、すべての人々に適切な医療が行き渡るよう努めております。

〈会社概要〉
会社名:株式会社AGREE
所在地:茨城県つくば市谷田部6251−9
代表者:伊藤俊一郎
設立:2017年2月
URL:https://www.leber11.com
事業内容:アプリの企画・開発・運営

<この記事に関するお問い合わせ>
広報担当:多賀 世納
メールアドレス:info@leber11.com

Source: PR TIMES

 

まとめ

LEBERを使って、2020年3月中に医師に相談したユーザーの81.7%が「相談して不安が減った」と回答したとのことです。その理由として、「わかりやすい医師の回答」「迅速な回答(30分以内に回答があった相談が全体の84.3%)」が考えられます。
軽微な症状については、LEBERで適切なアドバイスを受けて病院へ行かずに治すよう心がけることで、新型コロナの感染拡大防止と医療現場の負担軽減につながりますね。うれしいことに5月10日まで無料で利用できるので、体調不良の際にはまず、LEBERで医師に相談したいですね。


Comments are closed.