ウェブサイト「#コロナ太りに負けるな 自宅でできる栄養・運動プログラム」で在宅勤務による余剰カロリーが明らかに!

tag:, ,


 新型コロナの影響でリモートワークや外出が減った結果、60%近くの人が以前よりも体重が増えたという調査結果が報じられています。また、一日に歩く歩数も大幅に減少し、厚生労働省が病気予防に推奨している1日8000歩に達していない人が79%に上っているとのこと。
 そんな中、会員数400万人の食事管理アプリ「あすけん」を運営する株式会社askenが、体重増加や運動不足の対策として、ウェブサイト「#コロナ太りに負けるな 自宅でできる運動・栄養プログラム」を開設しました。たった3つの質問に答えるだけで、リモートワーク中の余剰カロリーが、「ごはん○杯分」と表示されます。ダイエットのやる気を引き出す効果間違いなしです!

 


 

あなたの運動不足はご飯何杯分?テレワークで“余る“カロリーを診断! 「コロナ太り」に負けないためのウェブサイト開設

~RIZAP監修の運動法とあすけん監修の健康を維持する食事法を提供~

株式会社asken 2020年6月8日 14時30分

会員数400万人の食事管理アプリ「あすけん」を運営する株式会社asken(東京都新宿区、代表取締役社長:中島洋、以下asken)は、コロナ禍でテレワーク導入等により運動不足や体重増加が懸念されることを受けて、ウェブサイト「#コロナ太りに負けるな 自宅でできる運動・栄養プログラム」( https://www.asken.jp/lp/telework/ )を開設いたします。 

 

開設背景

緊急事態宣言の解除以降も、テレワークを導入・継続する企業や事業所が増え、人々の食事や運動による健康管理のニーズの高まりは続くと予想されます。今回は、「自宅でできる運動・栄養管理」に着目し、気軽に健康管理に興味・関心を持ってもらい、広く情報を提供するため、このウェブサイトを立ち上げることといたしました。

  1. テレワークや外出自粛による運動不足=消費エネルギー低下の懸念
  2. 適切なエネルギー摂取と栄養バランスが良い食生活への関心の高まりと重要性

テレワークや外出自粛による運動不足=消費エネルギー低下の懸念

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、企業に対してテレワークが推奨されています。「あすけん」アプリ利用者のデータでも、緊急事態宣言後の1日平均歩数と消費エネルギーを前年の同期間と比較したところ、歩数は約30.0%の減少、消費エネルギーは約31%減少していました。(参考資料※1)

さらに、全国で外出自粛要請がされている間(目安:4月7日~5月14日)の休日以外の生活状況について、アプリ利用者に対して行ったアンケートでは、約35%の利用者がテレワークになり、そのうち約33%が「体重が増えた」と回答しました。

体重がどのくらい増えたかの質問に対しては、「1.1~2.0kg」が約41%でもっとも多く、「2.1~3.0kg」が約28%、3.1kg以上増えた人も約16%いました。

運動不足の状態が長期化すると、肥満の増加や生活習慣病のリスクの上昇など健康面への悪影響が懸念されます。
このウェブサイトでは、「結果にコミットする。」パーソナルジムのRIZAP(ライザップ)を運営するRIZAPグループ株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:瀬戸健)の協力により、「自宅でできるRIZAPトレーニング動画」を提供し、自宅で体を動かし消費エネルギーを増やすために役立てていただきたいと考えました。(RIZAPウェブサイト: https://www.rizap.jp)

適切なエネルギー摂取と栄養バランスが良い食生活への関心の高まりと重要性

「あすけん」は、健康意識の高まりや巣ごもりによるダイエット需要により、利用者が急増。2020年4月24日に会員数が400万人となりました。新型コロナウイルス感染症の影響が出始めた2020年2月~4月末のアプリのダウンロード数は54万件となり、特に「30日間毎日ログインをするユーザー」の数は、2019年の同時期と比較し2.6倍に増加し、アプリで「毎日」食事管理をする人が増えています。

また、前出のアンケートによると、外出自粛中の食生活の変化について、外出自粛要請を受けてテレワークになった利用者の約39%が「栄養バランスを考えるようになった」と回答。もともと在宅で仕事をしていた・家にいることが多かった人や、変わらず通勤・通学していた利用者よりも高い数字でした。
このような自社のアプリ利用状況やアンケート回答からも、人々の意識が高まっていることを実感しています。

普段から、適切なエネルギーと栄養バランスの整った食事をとることは、健康を維持する免疫機能を正常に保つためにも大切です。あすけんを利用していない方々へも、自身の適正摂取エネルギー計算・栄養バランスのとり方のコツ・1週間のレシピ等のコンテンツを広く提供し、このウェブサイトを日々の食生活に活用していただきたいと考えています。

 

「#コロナ太りに負けるな 自宅でできる栄養・運動プログラム」ウェブサイト概要

URL: https://www.asken.jp/lp/telework/

STEP1  「診断」 テレワークで発生する余剰カロリーを算出

ごはんの量で余剰カロリーを診断ごはんの量で余剰カロリーを診断

自分の性別・通勤方法・職種で診断自分の性別・通勤方法・職種で診断
普段の消費エネルギー量と、週5日間テレワークをした場合の消費エネルギー量(※)を比較し、テレワークで発生する余剰カロリーを算出します。この余剰エネルギーをご飯の量で表すことで、この運動不足を「自分ごと化」できるように工夫をいたしました。 (※)平均的な日本人の基礎代謝量をもとに性別・職種・1日の身体活動レベルを選択し算出。

STEP2 「運動」RIZAP監修日替わり在宅運動メニュー動画

お悩み別のストレッチ方法をRIZAPトレーナーが動画で紹介お悩み別のストレッチ方法をRIZAPトレーナーが動画で紹介

性別や鍛えたい体の部位のトレーニング方法を視聴可能性別や鍛えたい体の部位のトレーニング方法を視聴可能
「日替わり筋トレ」と「日替わりストレッチ」の2種類の運動メニューを、動画で視聴できます。筋トレは男女別で曜日ごとに体の部位を変えて鍛えるメニューを紹介。ストレッチは肩こり・腰痛などお悩み別で用意しました。

STEP3 「食事」 免疫維持&低カロリー食生活実践のための秘訣を掲載

免疫力低下を防ぐために摂りたい栄養素と含まれる食品がわかる。その食材をクリックすると、あすけん栄養士執筆のコラムが表示され、食材についてさらに詳しく知ることができる。免疫力低下を防ぐために摂りたい栄養素と含まれる食品がわかる。その食材をクリックすると、あすけん栄養士執筆のコラムが表示され、食材についてさらに詳しく知ることができる。

身長と普段の活動量を入力すると適正摂取エネルギーが表示される身長と普段の活動量を入力すると適正摂取エネルギーが表示される

管理栄養士監修の1週間レシピ。栄養バランスがよくカロリー控えめのメニューを紹介管理栄養士監修の1週間レシピ。栄養バランスがよくカロリー控えめのメニューを紹介

適正摂取エネルギーの診断、ダイエット時におすすめの食生活「マイルール」、免疫力を維持する五大栄養素とそれを含む食材の紹介、おすすめ一週間レシピ、おすすめの間食の紹介などを通じて、食生活改善のコツを掲載しています。
資料※1  緊急事態宣言後の歩行による平均消費カロリー比較(対昨年比)  …約31%減

緊急事態宣言後の1日平均歩数比較(対昨年比)  …約30%減

【食事管理アプリあすけんについて】

「あすけん」は、ダイエットや健康意識の高い400万人の会員数を持つ国内最大級の食事管理アプリです。10万以上のメニューからの食事登録や、写真を撮って画像解析によるメニュー登録をすることが可能で、カロリーだけでなく14種類の栄養素バランスも瞬時に表示されます。また、栄養士からの食事内容や食生活のアドバイスも毎日見ることができ、次の食事で何を食べればよいのかがわかるため、食事の選択力が身につき食生活の改善に役立ちます。

【あすけんへのアクセス方法】

■対応OS:iOS 11.0以上 / Android 5.0以上
■ダウンロードURL:https://www.asken.jp/info/asken_app

【株式会社askenについて】

株式会社askenは、食事管理アプリ&ウェブサービス「あすけん」の運営会社です。2007 年10 月に設立し「ひとびとの明日を今日より健康にする」ことをミッションに現在は400万人を超えるユーザーが利用しています。「あすけん」への食事記録とAI栄養士による20万通り以上のアドバイスにより体重減、食生活改善を図り、ユーザーの長期的な生活習慣病の予防・健康増進をサポートします。個人向けサービスの他にも企業のヘルスケア事業における協業や健康保険組合向けのソリューションの提案も行っています。

所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー 8F
設立:2007年10月1日
事業内容:インターネットを通じた食と健康に関するサービス提供
株主:株式会社グリーンハウス(100%出資)
https://www.asken.inc

Source: PR TIMES

まとめ

 ウェブサイト「#コロナ太りに負けるな 自宅でできる運動・栄養プログラム」は、簡単な質問に答えるだけで、適正カロリー摂取量が表示されたり、気になる部位を鍛える動画を視聴できるので、すき間時間に手軽に活用できますね。リモートワークにより運動量が減ったと思うけれども、どれくらい減ったのかあいまいなままの人も多いと思いますが、余剰カロリーが「ごはん○杯分」と明らかになることで、食事や運動量を調整する目安として分かりやすくていいですね!


Comments are closed.