Switchにも対応!「SuperHub SE」はポケットサイズの多機能ハブ

tag:, ,


 クラウドファンディングサイトMakuakeで出資者募集中の「SuperHub SE」は、ポケットサイズというコンパクトさに関わらず、3台同時充電可能な上に、Switchドックとしても使用できる多機能なUSBハブです。出資応募締め切りまで残り11日となっていますが、1,000人を超えるサポーターから指示を得ているようです!

 


 

SuperHub SEの仕様

SuperHub SEはクレジットカード程の大きさで、重さは131g。コンパクトサイズながら、驚くほど多機能なようです。

 

デュアル高速PD充電

SuperHub SEには2つのUSB PD充電(30W+18W)と1つのUSB-Aポートがあり、最大48Wの大出力で3台同時に充電可能です。SuperHub SEのみをコンセントに接続すればいいので、3台を同時に充電しても机回りはすっきりした状態で充電できます(↓)。

また、旅行や出張時、 SuperHub SEさえあればMacBookとiPhone用アダプタを2つ持っていく必要がなくなります。

 

HDMI接続

HDMIポートで、外付けモニターやプロジェクターに接続することができます。

また、4K高解像度に対応しているので、写真や、YouTubeなどの映像を大画面で楽しめます。さらに、Switchと接続して大画面でゲームを楽しむこともできます。(※Switchの解像度は1080p。)

 

高速データ転送

SuperHub SEにはUSB 3.1ポートが2つ(USB-C、USB-A)搭載しており、USB 2.0より約10倍速い5Gbpsの速度とのこと!

 

GaN採用で安全な冷却性能

高出力充電時に問題となる発熱について、SuperHub SEはGaN (窒化ガリウム)テクノロジーを採用したことで発熱問題を解決。

 

気になる価格は?

 クラウドファンディングサイトMakuakeで出資者募集中の現在、販売予定価格より31%オフの8,180円(税込)で、SuperHub SE 1セットがゲットできます!発送は2020年8月末予定。

まとめ

Switchドックとしても使用できる多機能ぶりに、注目が集まっているようです。Switch対応ハブの中には、充電ショートが発生するものもあるようですが、最新の充電技術を搭載したSuperHub SEは、不良を心配することなく、安心してSwitchを楽しめるとのことです!


Comments are closed.